アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパータービン木曜日★モーニング~! 

窮地に立つと、

すぐ逃げ出す奴とかけて、

子育てを放棄した親ととく、

その心は、意気地(育児)なしッ~!

ナンチャッテ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

ミニモニ雨ッ~!

いや~、最近の東京シティは、

日替わりで、

春になったり、冬になったり

みたいな気温の繰り返しで、

そこに合わせていこうという意味で、

毎日が、いいトレーニングになっている。


こういう時に、AAに書いてある通りの、

毎朝と毎晩のステップの実践の

流れの一部分で唱えている、

平安の祈りが活きてくる。


祈りと黙想のやり方についても、

AAの中に、シンプルに書いてある。


身勝手に祈ったり、

黙想したりせず、

AAに書いてある通りの

やり方に完全に委ねて、

祈りと黙想を捧げ続ければ、

時間と共に、

その効力を体感できる。


今日の今日を新たにに、

【「手放す」というプロセスは、

まず棚卸しから始まった。】

と、書いてあった。

完全にお任せするという、

ステップ3の土台が出来た段階で、

都合の悪い事は、

隠すというモードを

取り去られた状態の

ステップ4を書き出す事が

出来るようになる。


だから、

ステップ4の直前で、

俺の伝える、

簡単で、わかりきった提案に、

異を唱える仲間に対しては、

ステップ3が完全に

出来ていないと判断して、

それ以上のステップには、

進めないように配慮している。

それは、ステップ8-9においても、

同様である。


少なくとも、自分の考えの奴隷となって、

それを捨てきれない仲間と一緒に、

ステップをやっていっても、

お互いの為にならないのだ。


だから、AAの第7章に

書いてある通りの行動を、

ある程度、時間をかけて、試みて、

その通りにならない

仲間に対するスポンサーは、

受けないようにしている。


俺のつたない経験上、

簡単な提案に

異を唱えるモードというのは、

自分の都合の悪い事を必ず隠す。


簡単な事が、

ムチャになっているモードでは、

簡単なこと以上を目指す事はできない。

だが、簡単なこと以上を目指して、

それができなくて、

惨めになっていたりもする。


俺が、以前のステップ実践から、

AAに書いてある通りのステップ実践へ、

案外、すんなりと移行できたのは、

多分、ステップ3の土台が、

ある程度できていたからだと思う。


AAに書いてある通りの

ステップをやる前も、

その後も、共通して、

スポンサーに相談すべき事は

スポンサーに相談し、

スポンサーからの提案には、

完全に委ねてやってきた。


そんなモードで、

ステップ4-5を実践すれば、

自我を手放すという事は、

確実に完結されるだろう。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する