アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ドラスティック木曜日★モーニング~!

ノーアウト満塁スリーボールとかけて、

スーパーウルトラ快晴ととく、

その心は、振る(降る)確率は、0%ッ~!

ナンチャッテェ~!


只今午前7時25分、

社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、快雨ッ~!

いや~、一昨日の夜のステップの、

[誰かとすぐに話し合うべきだった事を

まだ自分だけに留めてはいないか。]

という部分で、何となく、

少しずつ積み重なってきたような形で、

引っ掛かるものを感じた。


対象は、職場の社長で、

俺の直属の上司でもある。


最初は、小さな恨みや、

小さな恐れから始まり、

その強弱に対して、

AAのステップ4の部分に書いてある、

恨みや恐れの対処法や、

ステップ10の取り除きの祈りを駆使して、

その時、その時は、取り除かれてはきたが、

完全ではなかったようだ。


知らず、知らずのうちに、

会社に対して、

悲観的な考えを

常時持つようになっていた。


一昨夜、夜のステップ11の直後、

そんな一連の問題を完全に掴む事ができたので、

その問題に対してのステップ10をスポット的に、

ステップ4から9まで、書いてみて初めて、

どういう埋め合わせをしなくてはいけないかが、

ハッキリ見えた。


要は、現実に反応した、

俺の勝手な思い込みから、

性格上の欠点のオンパレードになり、

いろんな事を社長と

話さなくてはならなかったのに、

無意識に、避けていた事がわかった。


早速、昨夜、社長と、

2、3時間位、

腹を割って話し、

今後の会社のビジョンも理解でき、

それに従って、行動していく決心ができ、

昨夜の夜のステップの実践時に、

引っ掛かるものは、何も無かった。


今日の今日の今日を新たにに、

【心が感謝で満たされていれば、

馬鹿げたうぬぼれの入り込む余地はなくなる。】

と、書いてあったが、

感謝や、勇気や、希望とは、

やはり、一人では与えられない事なのだ

というのを強く感じた。


人も、自身も、

病気の友になりうる時もあり、

人も、自身も、

病気から解放される可能性を

持った同志でもある。


だから、理解される事よりも、

理解する事で歩み寄り、

共存を死守していく

必要があるのだと思う。


何故死守なのか? 

答は簡単だ!

それをしなければ、

アル中は、

遅かれ、早かれ、

確実に死ぬからだ!


死の行進の始まりは、

自分の考えに

突っ走り出した時から始まる。


もう、そういう進行的な

死に方はしたくない。


ただ、ただ、

好きとか、嫌いとかの次元でない、

信仰的に生きてゆきたい。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/26(金) 08:57:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する