アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパースマッシュ木曜日★モーニング~!

名選手とかけて、坂本龍馬ととく、

その心は、どちらも、

コーチ(高知)が育てましたッ~!

ナンチャッテェ~!


只今午前9時、

息子を病院へ連れて行き、

小学校へ送り届けてから、

出勤途中の電車内です!

本日の●●●は、快晴ッ~!

いや~、今朝は、

息子のおたふく風邪の

完全治癒証明を病院で貰ってから、

息子を小学校へ送り届けて、

会社へ向かっている。


病気がうつるなど、

外部に影響を及ぼす病気の場合は、

完全に治癒するまでは、

集団の中へ戻れないとは、

どことなく、アルコホリズムと

似ていると思えた。


俺も、ステップに生きる事によって、

回復成長進化し続けられていて、

そのお陰で、AA内外の集団で、

自分が人をはじかず、

人からも自分がはじかれず、

何とかやれているんだと、

改めて実感した。


今日の今日を新たにに、

【ハイヤーパワーへの依存が、むしろ私たちを自立させる。

~何につけても頼りにできるのは自分自身しかなく、

しかし自分自身の不完全さの為にいつも壁にはばまれていた。】

と、書いてあった。

このフレーズ、12&12に書いてあり、その少し後に、

【自分が何を考え、

どう行動するかは、

全て自分で決める権利があると、

あくまでも主張する。

なるほど全ての問題について

賛否両論に耳を傾けはする。

助言してくれる人達の言うことを、

失礼のないように聞きもする。

しかし、決定段階になると

全て自分一人で行うのだ。

~いたるところで怒りと不安に満ちた人々が

細かい派閥に分裂して争っている社会が見える。

派閥は互いに言い合っている。

「我々は正しい。君達が悪いのだ。」

そのような圧力団体は十分な力をつけると、

独善的になり、自分達が意図することを

他の人達にも押し付けようとする。

同じことが個人レベルでも

いたるところで行われている。

この威圧的な力が寄り集まると、

平和や友好関係は損なわれる。

うぬぼれの哲学は

よい結果を生むことはない。

それは残酷な犠牲を強いるものでもあり、

しまいには死をもたらすほかない。】


と、書いてある。

AAにつながって、

時間と共に、ある時期から、

人よりも自分が正しいとか、

人よりも自分はよくやっているとか、

人よりも自分は長く酒を止めているとかなどで、

自身の存在価値の計りにしていた時期があった。


だが、何故か、そんな時程、

人との争いが絶えなかったように思う。


結局、最後は、闘いに疲れて、

しらふで、自殺を意識するようになり、

ステップをやり直し、仲間と神様を通して、

自分を生き辛くしていたものが

何だったのかがハッキリ見えて、

闘う事を手放す感覚が与えられた。


排除するのではなく、

尊重する事であり、

自分の意志ではなく、

神の意志である事で、

闘わない事は、

実現できるのだと思う。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する