最悪な時こその、ステップの醍醐味

グッド★スーパースタブレス土曜日★モーニング~!

デッドボールとかけて、

プリンととく、その心は、

かすったど(カスタード)~!

厳しいッ~!

でも、ナンチャッテ~!


只今午前7時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、職場で、約1ヶ月位前に、

ある複数の会社と協賛でプロジェクトを組んで、

ある新技術のお試し的システムを企画し、

そこで分担された一部の設計をした。


だが、出来上がった製品の一部に

不具合が見つかり、見事失敗に終わった。


失敗そのものは、

誰がいいとか、

悪いとかの問題ではなく、

不可抗力的なもので、

本来であれば、すぐにでも、

リカバーをかけなければならないのだが、

協賛している国内の

製造メーカーの技術力が届かず、

実現不可能という事で、

その製造メーカーが、協賛を断ってきた。


何で、不具合が出てから、

製造不可能なんていう

最悪の結果になったのか。。?


協賛している会社の

買い手でもあるお客が、

外資系の会社で、

設計と製造は、国内の会社だった。


不具合の原因は、単純に、

ある一つの技術用語の意味が、

アメリカと日本とで、

正反対だったという事で、

お客にとっては、

意図していた製品の

逆のものができてきて、

スーパーウルトラ激怒だった。


要するに、

当たり前の技術用語であっても、

実際には、どういう形となって、

仕上がるのかを、打ち合わせの時に、

キチンと話を合わせるべきだったのだ。


国内では、当たり前な事であっても、

海外ではそうではないという、

俺にとっても、完全たる盲点だった。


ようやく、

製造してくれそうな会社が

見つかりそうだが、

まだ、完全には、めどが立っていない。


そこは、いろんな人達と協力して、

しばらく、時間をかけて、

リカバーしていこうと思っている。


今回の一件、ステップ10で、スポット的に、

ステップ4から9までをやってみて、

技術的には、新たな発見というか、

新たな気付きがあって、

良かったと思えた。


だが、今だ、

完全にリカバーするという意味では、

直接的埋め合わせはできていないから、

最悪の問題は、最悪のままにある。


そんな長い期間、自分には無力的に、

全く状況の変わらない最悪の中で、

いかに自分を立て直し、

いかに平安であり続けるかという、

ステップの醍醐味を、

実際に経験する事によって、

強く感じさせて貰った。


正直、いくらスポット的に

ステップをやっても、

最初の1週間位は、

変わらない最悪の状況に

引っ張られた。


でも、腐らず、

朝晩のステップ、仕事、家事、

ミーティング、プチマラソンなど、

いつもと変わらない、

やるべき事をやり続けていたら、

最悪の状況は変わらなくとも、

日替わりで神様の意図が

いろいろと見れたりして、

段々吹っ切れていった。


これも俺の力ではないし、

何だかよくわからないけど、

スーパーウルトラ確かな事だ!感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立