ラーメンハイヤーパワー&ヤングなんか行きたくなかった

グッド★スーパーボンバー金曜日★モーニング~! 

昨夜は、ホームグループの

ステップミーティングに突入し、

約5分位シャウトさせて貰い、

仲間のナイスな分かち合いを

タップリ食らって、

頭の先から足の先まで、

充電完了したぜェェ~!


そこで一発、爆笑★ステップバッテリーアップ、

食らってチョンマゲ~!


倉庫とかけて、スキー場ととく、

その心は、どちらも、

ストックが多いでしょう~!

ナンチャッテェ~!


『ストックの用意はどうやァ~?』

「ボッ~ス、とっくに終わってまッせェェ~!

・・・何を言わせるんですかァ~!?

でも、条件反射的★ナンチャッテェ~!」


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中~!

本日の●●●&●●●は、

起死快晴ッ~!

いや~、昨夜は、

ホームGのステップMに出る前、

何人かのファンキーな仲間達を誘って、

最近、新しく出来た、

ある有名ラーメン屋へ突撃した。


そのネームバリューから、

かなりの味を期待していたのだが、

結果は、残念ながら、残念ながらだった。。


まあ、たまたま俺が食べたラーメンの種類が、

俺の口に合わなかっただけかもしれないし、

店員のサービスは、ピカイチだったから、

次回は、違う種類を試してみて、

その店をレパートリーに入れるか、

否かを判断しようと思う。


念の為、ミーティング会場の

窓口係の一般人のおじさんにも、

そのラーメン屋の感想を聞いてみたが、

やはり、俺が食べた種類のラーメンは、

残念ながら、残念だったと、

声を少し荒げて、シャウトしていた。


でも、たまに、初めての飲食店に行って、

味がいまいちだったとしても、

食べるという経験をし、それを知ったという

ハイヤーパワーを与えられるわけだから、

人間的には損した気分になっても、

俺なりに理解する神様的には、

その情報を自分にプールして、

必要な時に、誰かの為に使えると思えれば、

それは、それで、必要だったのかなと

いうオチにする事ができる。


昨夜のステップMのお題目は、

AAの第2章の後半と、

付録の霊的体験のステップ2だった。


霊的体験のエンディングにも

書いてあるが、

たとえラーメンであっても、

旨いか、マズいかなんてのは、

自分の口で食べてみなくちゃわからないし、

その聖なるスタンスは、

正しいステップの実践以外にも、

いろんな事にあてはまると強く感じる。


今日の今日を新たにに、

【芸術家も、専門職の人も、金持ちも、

貧乏人も、信仰を持っている人も、

不可知論者も、ネイティブ・アメリカンも、

イヌイットも、退役軍人も、囚人も、

それぞれ自分は違うと言っていた。

しかし、今日ではこれらの全ての、

そしてもっと多くのしらふの人達が、

口を揃えて穏やかに言う。

底をついてしまったと認めてしまえば、

私達アルコホーリクは

みんな同じではないか、と。

~AAの中で孤独だと思う時、

それはみんなの責任ではなく、

ともかく他の人達との違いを探すことで

自ら築き上げた何かの為である。】

と、書いてあった。

昔、二十数年前のビギナーだった頃、

よく昼間の●●町のミーティングで●長が、


「日本人だとか、

宇宙人だとか、

屁理屈並べて、

違いばっか探して、

逃げてんじゃねえ~よ!

病気が同じなんだよッ!

何で、風邪ひいているのに、

腹痛の薬なんか

飲んで喜んでいるんだよ!

だから、アル中は、

狂ってるんだよッ!」


と、もう少し、エゲつない言葉で、

吠えていた。


当時の俺は、●長がミーティングで

話している事の殆どに、

共感できず、反発していた。


だが、今は、今頃になって、

ようやく、その殆どを共感する形で、

理解できるようになった。


それはきっと、

K長が言っていた通り、

風邪をひいて、

それを風邪だと正しく気付き、

風邪薬を処方通りに

飲んだからだと思っている。


ソーバー5年の時、

サンフランシスコで開催された、

AAヤングの世界的な集まりに、

日本の若い仲間の何人かと

一緒に参加した時、多くの衝撃、

カルチャーショックを受けた。


特に当時、27才だった俺よりも若くて、

ソーバーが倍くらい長い仲間が

ゴロゴロいて、年が若いという理由で、

違い探しは、もうできないと悟った。


いつも言う事だが、

ヤングの対象の年齢の頃は、

誤魔化しがきかないという理由で、

ヤングミーティングや、

ヤングの活動は、

嫌で、嫌で、しょうがなかった。


親父やお袋くらいの年代の、

グループの仲間達の中のほうが、

断然居心地が良かった。


だが、今のスポンサーは、

それを見透かしているかの如く、

ヤングミーティングを始めたからには、

最低、10年は通い続けなさいと、

その時の俺の意志に反する提案をした。


正直、俺も、当時の他の若い仲間達みたいに、

スポンサーに、ヤングになんか行くなと

言って欲しかった。


だが、泣く泣く

スポンサーの提案に従った結果、

AAヤングから貰った恩恵は、

俺のソブラエティ全ての土台となり、

恨みが感謝に変えられた。


俺がもし、ヤングの活動をしていなかったら、

ステップをやり直す事すらも、

確実に、できなかっただろう。感謝だ!

コメント

fishmans71さん

初めまして、クルーです。

ご拝読有難う御座います。

今後共宜しくです。

毎日見ています。
ステップを噛み砕いて、話されているので非常にわかりがいいです。
AAに行くと非常に疲れてしまうので、月イチくらいしか行ってません。
同族嫌悪の気持ちはあると思います。自分と似たものを見てると疲れちゃう。
色々と勉強になります。ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立