アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーアドリビティ日曜日★モーニング~!

今朝は教会のミサへ行って、

久々に、アベェマリアを

熱唱してきたぜェェ~!


そこで一発、爆笑★ステップ騒音公害、

食らってシュワッチ~!


バレンタインデーとかけて、

俺が作った、

手作りハンバーガーととく、

その心は、

14(ジューシー)でッす~!

ナンチャッテ~!


只今午前10時50分、

子供達の教会学校が終わるまで、

教会近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、最近、自宅近所のマンションの

前を通りがかる時、

ある異変に気付くようになった。


そのマンションのゴミ置き場に、

いつも、物凄い量の、

酒瓶が捨ててある。。

結構短いスパンで、

瓶類を捨てる日ではない日に、

置いてあるもんだから、凄く目立つ。。


捨てている人が誰かは、わからないが、

明らかに進行中のアルコホーリクが

存在している事はハッキリわかる。


ただ、デカいゴミ袋に、

いろんな種類の酒が入っていて、

まだ、金もあって、

選り好みもできているみたいだし、

ゴミ置き場に持ってこれているから、

完全に、底はついていないとも推測される。


まあ、近所で、AAミーティングもやっているし、

チョイと様子を見ながら、近いうちに、

AAの第7章に書いてある通り、

匿名で、保健所などを通して、

AAの存在位は、本人へ伝えておこうと思う。

と同時に、本人が必要とあらば、

すぐに、地元のAAグループを

紹介できる段取り位は、

保健所に伝えておかなくっちゃなと

思っている。。


何が俺をそんな思いに掻き立て、

行動させようとしているのか。。?


それは、あの物凄い量の酒瓶が、

AAの中に書いてある通り、俺に対して、

「止めたくても、止めらんねえんだよッ!」

という無言の叫びを

訴えているようにしか思えないからだ。。


勿論俺も、酒を飲んでいた頃は、

程度の差はあれ、

全く同じような事を

やっていたという事もあるだろう。。


あれが、段々、酒の種類が固定されてゆき、

ゴミ置き場に酒瓶が捨てられなくなっていったら、

本格的に、ヤバい状態だとも言えるだろう。。


まあ、そうなってしまう前に、

何とか進行を阻止できたらという願いもあって、

今の段階でも、予防も兼ねて動く必要があるとも思える。


今日の今日を新たにに、

【自分の中の混乱に恵みをもたらしてくれる

神の力を信じようとするのか。】

と、書いてあったが、

まだ苦しんでいるアルコホーリクを、

AAプログラムへ導くのは、

人間的力だけで考えたら、

案外、至難の業とも言えよう。


特に、どう見ても、どう話しても、ヤバいのに、

病気を認めきれなかったり、

AAにいたにせよ、

どう見ても、どう話しても、ヤバいのに、

ステップをキチンとやらなかったり、

AAに書いてある通りのステップを

1クールしっかりやったにせよ、

どう見ても、どう話しても、ヤバいのに、

毎日のステップの実践を止めてしまったり、

ステップのやり方を勝手に変えてしまう

という現象は、まるで、

ふるいにかけられているかのように、

無限に存在しえる。


確かに、人が人を変えられないが、

たとえ、ソーバー20年以上の仲間であっても、

キチンとステップをやれていない仲間に対して、

指摘するのではなく、

正しいステップの実践や、

正しいスポンサーシップなどを、

ミーティングを通して、

自身の経験として

伝えていくべきだと思う。


俺は、俺よりもソーバーの

若い仲間達にそうされて、

チョッと時間はかかったが、

その時の屈辱や恨みのお陰で、

ステップをやり直す事ができた。


恨みが感謝に変わるという事もまた、

ハイヤーパワー以外の何ものでもないと思う。


人の命とは、そこまでしても守るという、

神様からの啓示でもあったと確信している。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する