アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~

雪だるま1


グッド★ブレークスルー火曜日★モーニング~!

祝★東京シティに、初雪到来ッ~!

そこで一発、爆笑★ステップスノーポケット、

食らってシュワッチ~!


大切なコレクションとかけて、手相ととく、

その心は、

どちらも売らない(占い)で見るでしょう!

ナンチャッテ~!


『あんた、酒飲んでた時、

質屋にギターを売って、

その金で、

酒買ってたやないかァ~!』


ドッヒャ~~~ン、ボスッ、

それは何卒、何卒、

ご内密にお願いしまッす~!

いとおかし。。


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

雪上がりの超~快晴ッ~!

いや~、とうとう、東京シティに、

初雪が降ってくれた。

まあ、俺の田舎が雪国のせいもあるだろうが、

やっぱ、雪が降ると、ただそれだけで、

ウキウキして、嬉しいもんだな。。


雪の歌の詩に出てくる、

【犬は喜び、庭駆け回る】

という、犬の気持ちが

よくわかるような気がするな。。


だが、酒を飲んでいた時や、

しらふでも、ステップに生きる前は、

外に降っている雪に気付けずに、

または、気付いていても、

【猫は、コタツで丸くなる】

というモードの比重が、

高かったように思う。


無条件で、そっちを取っていた。

人に対し、生き方に対し、

個室の住人だったと思う。

だから、外に出ても、

人の輪の中にいても、

孤独だったと理解できる。


今の自分にできる事で、

今の自分に必要な事から

逃げれば、逃げる程、

好機も、人も、自分から逃げていく。


雪のメリットとデメリットを理解して、

そこに上手く適応していく事によって、

初めて雪を楽しめるのだと思う。


昨日の今日を新たにに、

【私がいつから自分より偉大な力の存在を

信じるようになったのかは分かりません。

しかしいまは確かにそれを信じています。】

と、書いてあった。

一昨日の日曜日の夜、急に、

夜のステップをやるのが面倒臭くなり、

マジでサボってしまおうかと思った。


と同時に、

先週のホームGのミーティングに

出れなかったから、

そろそろミーティング切れかなとも、

直感的に感じた。


それでなんとか、一昨日は、

無理やり、我慢で、夜のステップをやって、

翌朝も同じモードで朝のステップをやって、

昨日はミーティングに出た。


そうしたら、昨夜の夜のステップは、

やる気満々でやれた


今回、理由があったにせよ、

週に一度のミーティング参加のペースを崩す事で、

こんな事を、俺なりに理解する神様は、

俺に伝えたかったのかなと、

今朝のステップをやった後に強く感じた。


AAの12のステップに生きる渦中にいて、

自分の考えを一切使わずに、

その時、その時の、

神様の意志に委ねていれば、

自分を越えた偉大な力が、

必ず俺を守って下さると

信じて疑わない。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する