アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ストーンライフ土曜日★モーニング~!

職場でトラブル発生し、

一昨日の夕方から、昨日の夕方まで、

殆ど寝ずに、対応してたぜェェ~!


お陰で問題は解決したけど、

1年数ヶ月ぶりに、

ホームGのミーティングを休んでしまった。。


ステップを継続するガソリンが切れて、

カラータイマーが鳴る前に、

どこかのミーティングに突撃するぜェェ~!


そこで一発、爆笑★ステップタイムアップ、

食らってチョンマゲ~!


夜通しの仕事とかけて、コブラととく、

その心は、ヘビー(蛇)でッす~!

厳しいッ~!でも、ナンチャッテ~!


只今午前8時半、近所の公園で、

シャウティング朝のステップ実践

&1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、快晴ッ~!


いや~、一昨日から昨日にかけて参ったぜッ~!

一昨日の木曜日の夕方が、

今受けている大規模システムの設計の納期だった。

予定通り終了し、完成図面をお客へ送った後、

仕様関係の書類やデータを整理していたら、

気になる書類情報を見つけてしまった。。


お客が言葉で伝えてきた内容と、

その書類情報とが、食い違っていた。

その時点で、直感的に、

完全たる俺の確認ミスだと気付いた。


いつもと同じというお客の言葉に惑わされて、

それを疑って、それに関する情報を

キチンと確認しなかった

俺自身の不正直さや、思いやりのなさが、

そんな結果を招いたのだと実感した。


特に、100%の現実を、

そのままの100%の事実として見て、

受け入れるという、正直さに欠けていた。


俺特有の負のパターン、

こういう形でも出るのかと、

新たな発見でもあった。


結局、すぐにお客に電話したところ、

やはり、書類情報が正しいと判明した。

俺は、お客が言った事には一切触れず、

俺の確認ミスだけを直接的に謝罪し、

生きた間接的埋め合わせの

提案をお客に仰いだ。


お客は、申し訳なさそうに、

翌日金曜日の朝8時までには、

完成図面を貰えないと、

このプロジェクト自体が

無くなる可能性もあるから、

何とかならないかと伝えてきた。


作業的に、あるプロセスだけ、

0からのやり直しになるから、

俺一人では、夜通しやっても、

絶対に不可能だった。


だが、もう一人いれば、

確実に間に合うという事も見えた。


速攻、上司である社長に正直に話し、

社内で一番、作業が早くて、確実な、

若手設計者に頭を下げてお願いし、

手伝って貰う事にした。


お客には、必ず間に合わせますと約束し、

その日のホームGのミーティングは、

仲間に連絡して、1年数ヶ月ぶりに休み、

若手設計者にはAM3時まで手伝って貰い、

俺は、翌朝7時過ぎまで、寝ずにファイトした。


結果、約束の時間よりも少し早い、

AM7時半には、リカバー後の完成図面を

お客に送る事が出来た。

その直後、スライドして、

夜のステップを念入りにやり、

AM8時から9時までの1時間仮眠し、

起きて、すぐに朝のステップをやった。


そこで湧いてきたもの、

俺を含めた誰も

怒る事は無くて良かったし、

突然お願いして、

快くヘルプを引き受けてくれた

若手設計者には、

本当に感謝という思いだった。


と同時に、これからの

生きた間接的な埋め合わせとして、

目に見えないお客の言葉と、

目に見える書類とが、

シンプルに、1対1で、

確実にあっているかの確認をする、

正直さや、思いやりのある行動を

実践していかねばと強く感じた。


昨日の夕方の帰り際、社長に、

「クル~、首つながって良かったなッ!

お疲れさんッ!

アッハッハッハッハッハッハッ!」

と、言われ、軽くうなずきながらも、

腹の底から喜べない、

ちっちゃな俺がそこにいた。。


だが、取り敢えず、

リカバーできて良かった。


これもまた、

ステップの適応実践なくして、

できなかった事だ!感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する