アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーツイスター火曜日★モーニング~!

池に落ちたァァ~とかけて、夏目漱石ととく、

その心は、ボッチャ~ンッ(坊ちゃん)~!

ナンチャッテ~!


只今午前7時25分、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、冷晴れッ~!


いや~、昨夜、毎日の夜のステップを終えた後、

丁度、目の前に、猫ニャンがいたので、思わず、

「お前は、クリスマスプレゼント、何が欲しい?」

と、尋ねてしまった。。

当然、猫ニャンの反応は、人間的に考えたら、

何も答えず、ただアクビをするばかりだった。


だが、その直後に俺の中から、無意識に、

「お前自身が、クリスマスプレゼントだよな!

この家に来てくれて、有難うなッ!」と、

再び、猫ニャンに声をかけ、

猫ニャンの頭を撫で撫でしてしまった。


クリスマスプレゼントとは、

無力的に、クリスマスプレゼントを

あげられない対処からも、

金では絶対買えない価値として、

無条件に与えられているのだ。


そう考えると、

クリスマスプレゼントを

あげる側からしてみたら、

そのシチュエーション自体が、

大きなクリスマスプレゼントと言えるだろう。


今年のクリスマス直前に、

そんな事を感じられたのは、

毎日のステップの実践に生きる

積み重ねがあっての事だと思うし、

神様の子である俺にとって、

神様からの大きなクリスマスプレゼントだったと、

強く感じる。


今日の今日を新たにに、

【全ての人を好きになれなかったし、

みんなが私を好きになってくれたわけでもなかった。】

と、書いてあった。

飲んでいた時を含めた過去の生き方の中で、

人と関わっていて、相手がチョッと

自分の思い通りにならかったりすると、

その人の全てを否定して、大嫌いになった。


何故そうなのかは、

ステップを正しくやれば、

簡単に分析できる。


子供の頃からをさかのぼって、

事実を見てみれば、必ず自分が誰かに、

それをされているはずである。


そんな事などをステップ4-5で、

経験者を間に、

神様とつながってハッキリさせ、

ステップ6~9を実践する事で、

誤った感覚を正しいとせず、

正しい感覚を正しいと思えるように、

神様に変えて貰えると、

人に対する見方や、感じ方も、

勝手に変えられる。


どんなに素晴らしい人だって、

長所もあれば、短所もあるし、

調子のいい時もあれば、調子の悪い時もある。


不思議だが、ステップを、

AAに書いてある通り正しく実践すると、

その事によるハイヤーパワーによって、

自身の正と負が、肯定できる形で、

ハッキリわかる。


そうなると、

人の正と負を尊重でき、

それすらも、

ハイヤーパワーにしてしまうことができる。


人との関わりもまた、

持ち帰りたいものは持ち帰り、

それ以外は、この場に置いていく

スタンスが重要だと思う。


そんな基本的な事が、

無意識にできるようになれば、

そうそう何日も、

同じ事で、同じ人を、同じボルテージで、

恨んだり、恐れたりする事は、

ないだろう。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する