アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ナンチャッテ~火曜日★モーニング~!

今週もファンキーファイトでいくぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップロケットスタート、

食らってチョンマゲ~!


着信履歴とかけて、おヘソととく、

その心は、つながっていた証拠でッす~!

アビョ~~~ン、ナンチャッテ~!


只今午前8時55分、フレックス遅出勤途中の電車内でッす~!

本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、昨日も参ったぜェ~!

夕方、娘や息子とその友達が遊んでいる公園に行って、

そこでプチマラソンをしていたら、娘と息子の友達が、

自転車の鍵を、その公園の中に落としてしまい、

家に帰れないと騒いでいた。


別に娘達に頼まれたわけではないが、

速攻、俺も一緒に、その公園の中を探した。

捜索始めて、15分位で、無事、鍵を発見し、一件落着した。


AAのステップ11の中に、

【心配や後悔、憂うつな考えのほうに

流されないよう注意しなくてはならない。

人の役に立つ事ができなくなるからだ。】と、書いてあるが、

この事が、昨日の出来事と凄くリンクする。


今、とっさの、人の役に立たねばならない場面で、

適材適所に体が勝手に動くのは、

常に、心配や後悔、憂うつな考えのほうに

流されていない自分があるからだと、ハッキリわかる。


それは、俺の力ではなく、

ステップ1から12までを経験者から手渡される形で実践し、

それ以後も、毎日のステップを

キッチリやり続けている事からきている力だと確信している。


俺にとって、

このハイヤーパワーのハイヤーパワーは、

裸の裸になることによって、

常に与えられていて、これ以上の力は知らない。


今日の今日を新たにに、【もっと深く信じましょう。

いまは見えなくても、

光に向かって顔を上げましょう。】と、書いてあった。

このフレーズ、ビルはこう思うに書いてあり、

その前の部分に、【アルコホリズムの苦しみがあったからこそ、

飲まない生き方があり、

感情の混乱があったからこそ、

心の平和が得られたことを、

私たちは体験しているからだ。】と、書いてある。


AAのステップ4に恨みのリストがあり、

自分にとって恨みの対象にある人達や、

しきたりなどに対して、事実を書くことになっている。


特に最高に恨んでいる人に対しては、

完全に相手の行為や言動が、

自身を怒らせ、傷付けたと、

自分の非など、かけらも見えていない状態にある。


だが、ステップ5で、経験者を通して、

神様に、その事実を告白した時、

再び、経験者を通して、

100%自分にも確固たる非があった事を悟る。


例えば、たまたま、相手の調子悪かったり、

相手を怒らせるきっかけを自身が作っていたことなど。。


これは、何年酒を止めていても、

一度、アルコホーリクになった以上、

自分の病気の頭では、

決して自分をわからせて貰えないという事なんだと思う


経験者のナビゲートを受けて、

完全にステップのやり方に委ねて行動すれば、

正当な恨みなどというものは、有り得ないのだ。


そう思わせてくれるのは、

ステップを実践する事によって

初めて生まれるハイヤーパワー以外のなにものでもない。


そして、恨みがあったから、ステップの実践を通して、

恨みが取り除けたと、

簡単に、行動し、心で感じ、頭で理解できる。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する