ステップに生きた時、初めて生まれる、ハイヤーパワー

三尺玉1

グッド★スーパーメイクアップ火曜日★アフタヌーン夕方ッ~!

昨日は、俺の故郷である、●●県●●市へ行って、

お袋の墓参りをしてきたぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップ親孝行、食らってチョンマゲ~!


アイススケートとかけて、にらめっこととく、

その心は、氷上(表情)の戦いでッす~!ナンチャッテ~!


只今午後4時半、近所の公園で1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、スーパーウルトラ快晴ッ~!

いや~、昨日は、俺の故郷の●●県●●市へ行き、

今は亡き母親の墓参りをしてきた。


丁度、墓地についた時、凄い雨と風で、おまけに超~寒く、

そういえば、去年は、墓参りに来ていなかった事を思い出した。

きっと、年に1度は、顔を出せよということなのだろう。


墓前で、お袋の好きだったワンカップを捧げ、

取り敢えず、●●年間、一滴も酒を飲んでいない事。。

なんとか、毎日のステップを実践しながら、

自分なりに、適材適所に、AAを含めた

世の中の道具になってこれた事。。

その他、いろいろ近況報告をして、

力を貸してくれた事に感謝し、

最後に俺以外の周辺の人達をお守り下さいと祈り、

その場をあとにした。


帰りの新幹線の中で、うたた寝しながら、

何となく、受け取ったものがあったように感じた。


多分、お袋が生きていようと、死んでいようと、

俺の中にはズッ~とお袋は生きていて、

万が一、俺が酒を飲んだとしたら、

お袋が一番悲しんでくれるのだろうし、

今のまま、今日一日で、

俺が酒を飲まないで生きていければ、

お袋が一番喜んでくれるのだろうと思えた。


そんな思いを持ちながら、夕方、東京につき、

何となく真っ直ぐ、家に帰る気になれず、

ミーティングに出た。


ミーティングが始まる前、

いつものアホな事を、仲間と話している真っ最中に、

今、俺は、俺の力以外の力で、

酒を止められていると突然、確信的に感じた。


そして、ミーティングのテーマだった、

ビッグブックの第三章の中で、

決定的なフレーズを見つけた。


酒を飲んでいようと、酒を止めていようと、

俺自身のイメージの中で、

一杯の酒を飲んだ時の瞬間が、

一番の幸せであり続ける限り、

永久に酒を飲まない生き方を続ける事は

不可能だろうと思えた。


亡くなったお袋が、

「別にお前は、立派な人間になる必要はないし、

お金持ちになる必要もない。

誰にも迷惑を掛けず、お前が、普通に、

幸せと感じて生きていってくれれば、

それでいい。」と、

ソーバーになって、

初めて会った時に、俺に言ってくれたが、

その言葉の意味が今は凄くよくわかる。


一杯の酒を飲んだ時の瞬間が一番の幸せ、

不健全なものに突っ走った時の瞬間が一番の幸せ、

分不相応なものを手に入れた時の瞬間が一番の幸せ。。

こんなものに打ち勝てる幸せ、

こんなものをこの世の不幸と思わしめる幸せとは、

一体、何だろうか。。?


その答えは、たった一つしかない。。

その答えを自身の生き方の全てに証していく為には、

嫌でも、正しいステップに生きるしかないだろう。


誰の力でも、俺自身の力でも、

俺の酒を止められないという事は、

誰の力でも、俺自身の力でも、

俺自身を幸せにする事はできないという事と

全く同じだと思う。

それができるのは、ステップに生きた時、

初めて生まれる、

ハイヤーパワー以外にないのだ!


だから俺は、

簡単に、具体的に、現実の俺に似合った、

ステップに生きるだけだ!感謝だ!

長岡1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立