アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーボーダレス日曜日★アフタヌーンッ!

今朝は、久々に教会のミサへ行って、

聖歌を熱唱してきたぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップシャウティング、

食らってチョンマゲ~!


電車とかけて、接着剤ととく、

その心は、どちらも、駅(液)で止まりまッす~!

ナンチャッテ~!


只今午後2時半、近所の公園で、1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、今朝は、2週間振りに、

息子と一緒に、教会のミサへ行ってきた。


昨日の午後に受けたインフルエンザの予防接種のせいか、

今日の午前中は、いまいち体がダルかったが、

午後からは復活した。


娘と嫁さんは、

教会のチャリティーコンサートに出演&お手伝いの為、

午後から教会へ出掛けて行った。


俺は、そのチャリティーコンサートの

チケットだけ購入する形で、協力した。

今年の教会のチャリティーコンサートは、

いつもよりも1ヶ月早い。


理由としては、今年に入って、不景気に拍車がかかり、

外国人労働者の多くが職を失い、

今だに職が決まらない人達が多数という事が大きい。


いくら不景気といっても、

選り好みをしなければ、

日本人なら、いくらでも、職の募集はある。。


だが、外国人は、その募集すらもない状況だ。。

そんな中で、自分のポケットマネーの数百円位、

そんな人達の助けとなるチャリティーコンサートの

チケット代金として出すのは、

ビッグブックのステップ10の部分に書いてある通り、

AA人としての流儀だと思う。


だが、俺自身、

そんな事が、条件反射的にできるようになったのは、

ステップに生きるようになった、ここ2、3年だ。


ステップ4的にいえば、

財布の中身が傷付けられていた為、

金にまつわる不正直や、身勝手な恐れで、

自分や人を、随分と傷付けていたように思う。


例えば、仕事をしていて、いくら給料が上がっても、

ミーティング場での献金は、一律百円であったり。。

借金があって、仕事していなかったり、

仕事していても、やり始めで、給料が低くても、

しかるべき時間をかけ、経験を積み重ねて、

それを克服してきた人達と同じようなプロセスを踏まずにして、

ないものねだりの妄想を無理やり現実にして、

アンフェアな経済力を誇示してみたり。。


昨日の今日を新たにに、

【他の人の治療上の問題や、結婚問題や、

宗教上の問題の意見やアドバイスを、

AAメンバーとして、

またスポンサーとして

与えたくなる誘惑に屈してしまうと、

本当にめちゃくちゃなことになる。

私は医者でもなければ、

カウンセラーでも、弁護士でもない。

人の生き方に指図はできない。

けれども、同じような事態になった時、

私は酒を飲まずにどう切り抜けたか、

そして、生きていく上での問題に、

AAのステップと伝統を使いながら

どう向き合っているのかを、

分かち合うことができる。】と、書いてあったが、

金の遣い方一つをとっても、

酒や、不健全で分不相応な生き方にはまるような、

霊的に病んだ状態から、

どう切り抜けていったかを経験し、

分かち合っていく必要があるだろう。


その為には、ビッグブックに書いてある通り、

恨みであれば、思いやり・寛容・忍耐、

恐れであれば、自分なりに理解する神の意志を知り、

性であれば、適材適所な人の助けになっていく事を、

行動し、何かを感じ、頭に刻み込んでいく事だと思う。


それが常にできていれば、

ありのままの自分に似合った生き方、

ありのままの自分にしか出来ない生き方が、

常に神様から与えられていると、

具体的に察知でき、感謝する事ができる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する