アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーターニングポイント水曜日★モーニング~!

ネクタイとかけて、モップととく、

その心は、正装(清掃)には必要でしょう!ナンチャッテ~!


只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!

本日の●●●&●●●は、秋晴れッ~!

いや~、昨夜は、早めに会社を上がり、

息子の空手教室によって、けいこを少し見させて貰い、

息子と一緒に帰宅した。


夕飯は、サツマイモご飯で、旬の食べ物なので、凄く旨かった。

以前、ステップを手渡してくれた仲間が、

AAプログラムは、置き換えのマジックとか、

置き換えのハイヤーパワーとかで、

神様がいろんなバリエーションで用意して下さっていると、

いくつかの喩え話を交えて分かち合ってくれた。


その時は、上手いことを言うなとしか思わなかったが、

今は、いろんな場面で、その通りだなと感じている。


季節の変わり目でおかしくなりやすいことは、

アルコホーリクだけに限らず、普通の人達にとっても無力な事だ。


最近、職場で社長が、

「季節の変わり目だから、いつもより、腰がいてえ~なッ!

こういう時は、旬の旨い魚でも食って、

熱めの風呂に入って、早めに寝るのが一番だなッ!」と、言っているが、

今更ながら、その言葉がよく聞こえるようになった。


12のステップに生きる事は、嫌でも、自分の病気と向き合わねばならない。

だが、そうしているから、

健康な人達と一緒に、健康を共感し、健康に感謝して、

健康に生きていられるような気がする。


今日の今日を新たにに、【ステップ1と伝統1によって、

生き残れるチャンスが私にも与えられるよう、

謙遜が私の心に染み入ってくる。】と、書いてあった。

自分自身が、肉体・精神・霊的に病んでいったことを認め、

まず霊的に回復していかねばならない現実を知り、

それは、人間業を超えた力にしか成し得られない事だと悟った時、

本当の意味で、ステップ1が自分の中へ入ってきたように思えた。


特に、ビッグブックの第7章に、

医者や聖職者などの人達には絶対にできなく、

解決を持っているアルコホーリクだからこそ、

この病気の最悪の最悪の最悪の事態を、

新しい仲間に伝えることができると書いてあるが、

このフレーズには、泣けてくるような、

凄まじいメッセージ性や、霊的なセンスを感じる。


ステップ1で、酒よりも、いいものを見つけない限り、回復はないと受け入れられた時、

何の為に、自分は生きていかねばならないのかという事が、何となく見えた。


だが、その時の俺は、

果たして、AAの内外で、常に適材適所の世の中の道具となる事に、

一番の幸せや、平安を感じる事なんかできるのかとしか思えなかった。


人の助けと言いながら、

そこには常に自分の野心が潜んでいた俺に、

果たしてそんな事ができるのかとも思ったし、

たとえ、自身の野心の為とはいえ、

人の為になっているんだから、

いいじゃないかと、開き直ってみたいとも思った。


だが、その答えとも言える事が、12&12の伝統1の中に、

【まずAAメンバーは、回復の原理に従わなければならない。

実際、その人の生命は、霊的原理に従うかどうかにかかっている。

もしそこから極端に脱線したら、報復はすみやかに確実にやってくる。

つまり病いに陥り、死に至る。

最初その人は、やむを得ずこの原理に従っている。

けれどもやがて、

自分が本当に望んでいた生き方をそこに見いだすようになる。】と、書いてある。


12のステップに忠実に従って実践すれば、

多少時間がかかって、痛い思いをしながらも、

最終的には、その全てに同意できるようになる。


誰も好きでアルコホーリクになる人はいないだろう。。

俺もそうだ。


だが、何故自分がアルコホーリクになってしまったのかの意味がわかれば、

マイナスが、ハイヤーに変えられるのだと思う。


幸でもなく、不幸でもなく、

俺がアルコホーリクとして生まれてきた事、

神様的には、絶対的な意味、絶対的な意図があったと、

確信している。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する