アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーミラーボール金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、

ソウルなスピーカーを食らって、オープンマインド全開だったぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップメガホン、食らってチョンマゲ~!


夏の終わりとかけて、変わったダイエットに挑戦ッ~ととく、

その心は、飽きがきたら運動かい?(秋が来たら運動会)。。

オッ~と厳しい~、でも、ナンチャッテ~!


『あんた、いつも1人で運動会をやっとるやないかァ~!』

ギャ~~~~オッ、ボスッ、お言葉ですが、一人じゃ、運動会は、できましェ~~ンッ!

ウ~ン、どう解釈したらよいのか。。?こりゃまた、ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、昨夜は、仲間と一緒にビッグブックのマーカー部の分かち合いをやってから、

ホームGのミーティングに突入した。


昨夜のホームGのミーティングは、月に1度のオープンMで、

イングリッシュGの仲間にステップ7のスピーカーに来て貰い、

椅子は勿論のこと、敷物まで足りない位の大盛況だった。

そろそろ、近場で、もっと大きな会場を探して、移転も考えなくちゃならないかな。。

まあ、その辺は、グループの仲間達と話し合って、検討することにしよう。


昨夜、仲間と一緒にやった、ビッグブックのマーカー部の分かち合いのお題目は、

ビルの物語のステップ2の部分で、

ホームGのミーティングのお題目は、ビッグブックの第6章のステップ7だった。


ステップ1から9まで、経験者に手渡され、実践し、

ステップ9が完結した時点ですぐに、

経験者からビッグブックに沿ったステップ10-11のやり方を手渡して貰い、

日々の生活の中で、飯を食うのと同じ感覚で、

定常的に、ステップ10-11をやっていくことになる。


いくらステップ1から12まで、経験者から手渡されきったといっても、

定期的にミーティングに足を運び、

この毎日のステップ10-11や、

ステップ12で定期的に、仲間にステップを手渡し、

日々の生活の中で

AAの原理を実践する努力をするなどの行動を怠ると、

すぐに、すぐに、霊的に病んだ状態に戻り、

そうなっていることすらも、気付けなくなる。


だが、キチンと用意された毎日のステップのメニューに沿って、

実践していれば、おかしくなっても、すぐに気付け、しかるべきリカバーができる。


神様は何も、わがまま、不正直、恨み、恐れの感情が出ること事態を否定してはいない。。

むしろ肯定して下さっている。

それを罪として、隠そうとしてしまうのが、

無神論者や、不可知論者的考えで、

信仰の逆なんだと思う。


自分は、わがまましたいと思わない、

嘘をつきたいと思わない、

怒ることはない、

何も恐くない、

だから、信仰に厚い。。。


これは、人が神の役を演じない限り、

人である以上、不可能なことだと思う。


単純に、人は弱いから、全知全能の神様が必要となるのだと思う。

偉大なる実在が自分の中にある以上、

わがまま、不正直、恨み、恐れの感情には無力なのだ。


それを無くすることは、生きている以上、自分の力では絶対不可能だ!

わがまま、不正直、恨み、恐れに対して常に目をひからせ、

しばらく引っ張る形で、どれかが持ち上がってきたら、

すぐに、その問題のステップ4-5、ステップ6-7をやり、

必要であればステップ8-9をやれば、

問題そのものの、神様からのメッセージを受け取ることができる。


もし自分でわからなくとも、

一緒にステップ5から9までやってくれている、

しかるべき経験者である霊的助言者を通して、

神様からのメッセージを受け取ることができる。


マイナスなことには、プラスへ導く意味がある。

これが、信仰の方程式だと思う。


すぐに問題が取り除けなくても、それ自体に神様の意図があると思えれば、

それだけでも緩和されるし、

切り返しで、自分よりも大変な人達の為に祈ったり、助けになったりすれば、

更に神様の意図を強く感じ、更に緩和される。


だから、痛みは必要なんだと思うし、

痛い位に、神様に愛されているということなのだろう。。


この流れに自身の人生を委ねていれば、

過去の生き方のように、何年も謝るべき人に謝らず、

その人のせいにしたまま、恨みを重積させていくことはなくなる。


それだけでも、自分の人生は、劇的に変わるのだ!感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する