正直な嘘よりも、酷い嘘とは。。

グッド★スーパーアグレッシブ水曜日★モーニング~!

子供の日に泳いでいるものとかけて、気になるあなたに、もう夢中ッ~ととく、

その心は、それは、鯉(恋)でッす~!ナンチャッテ~!


『かつては、あんたも、そうやったなッ!』

ドッカ~~~~ンッ、ボスッ、それについてはノーコメントですが、

それもお互い様やないですかァ~~!


『コメントしてるやないかァ~!わしは、ノーコメントやァ~!アッハッハッハッ!』

いつもながら、ボスのお試し★誘導尋問にひっかかってしまう、未熟な僕がここにいる。。

青春だァァァァァァァァァァァァ~

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、曇りッ~!

いや~、最近、季節の変わり目で、

毎日のステップ実践や今年の生きた間接的埋め合わせにプラスして、

【すいません】という言葉を乱用しないように気を付けている。


ステップ的に言えば、謝罪すべき事態に、

キチンと謝罪して、すぐに、すぐに、リカバーをして、

同じ事態で、すいませんと言わなくてもいいように最善を尽くすわけだが、


それができていないと、すいませんという言葉を言って、

オチにするみたいな感じになり、

また、同じことを繰り返し、段々、恨みや恐れを増大させていく事になる。


このパターンは、気持ちでは申し訳ないと思っても、

行動は変える気のない、テクニカルな不正直にあたり、

正直な嘘よりも、人に不快感を与え、人を傷付けることになる。


この心と行動が一致していないという症状も、

俺を含めた、ホーリックの病気の大きな特徴と言えるだろう。


だから、ステップ1の基本で、体と心を切り離し、

自身の病気を知り、自覚し、受け入れていく必要があるのだと思う。


そこがわかっていないと、その後のステップは、理解させて貰えない。。

そんな理由で、ステップは順番通りに、

正しく理解し、正しく実践していかねばならないし、

ビッグブックの医師の意見から第4章まで、

しつこく、しつこく、ステップ1と2を伝えてあるのだと思う。


しらふでも、口ではすいませんと言っときながら、行動が伴わないような、

言葉と裏腹な行動を繰り返す不正直を、不正直として受け入れる為には、

自身の経験を通して、常に肉体・精神・霊的な病気を明確にしておく必要があるだろう。


すいませんというのなら、言った直後に、リカバーするというのが、

すいませんという言葉の意味なんだと思う。


今日の今日を新たにに、【こういうことは私達の間で実際に、

ときには急速に、ときにはゆっくりと実現している。

~ここで言われている希望が私にも少しずつ実現する。

ステップ9を行動に移せば、希望が与えられる。

~昔の習慣や行動は簡単に止められるものではない。

ステップ9を使って、昔の酔っ払いの自分を締め出すなら、

飲まないアルコホーリクとして生きる新しい道が開けてくる。

直接埋め合わせをするのは、私には過酷なことである。

けれども過去の行動や関係を自分で修復していくにつれ、

飲まない生き方ももっと上手くいくようになるだろう。】と、書いてあった。

ステップ4のリストに基づき、ステップ8でリストを書いて、経験者と一緒に検討しながら、

ステップ9で、直接的埋め合わせと間接的埋め合わせの選別をし、

直接的埋め合わせをやっていくと、それをやる以前とは違う、

霊的変化を自身の中で、強く感じるようになる。


最初は、やりやすい人からやっていくと、

段々、やりづらい人にも、やれるような気になっていくなど、

ポジティブな気持ちが湧いてくる。


そして、何故、許し、許されというフレーズが、

このステップ9の部分で出てくるのかが、理屈抜きでわかるようになる。


自分が何を言ったり、何をしたりして、

謝っているかを自覚するには、単純に、謝るしかなかった。


そして、自身の理不尽さを謝った時、その理不尽さの理由もわかったし、

それと同時に、人にも、時には、理不尽な行動や言動もあり、

それには、確固たる理由があることも、理解できた。


親父に謝った時、親父がアルコホーリクであった事や、

母親を幼い時に病気で亡くし、

継母と実父や、継母と実父との間に産まれた

弟達との複雑な家族関係で苦しんでいたことを理解できた。


誰に対しても、許し、許され、お互いに依存と支配ではなく、

フィフティフィフティで、言いたい事を言い合える、

互いが互いのハイヤーパワーにしていく為には、

俺にとっては、このプロセスが絶対に必要だった。


人とはお互いに、いいものは素直にいいと伝え合え、

マズいものは素直にマズいと伝え合え、

自分の意志も、相手の意志も、互いの神様に委ねることだと思う。


そこには、異議など、かけらもない。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立