自分が生きれば人も生き、自分が死ねば人をも殺す

グッド★スーバーレボリューション火曜日★モーニング~!

今週もファンキーファイトで、いくわヨ~!


『いいわヨ~!』

そこで一発、爆走★ステップオーバードライブ、食らってチョンマゲ~!

始業式とかけて、救急病院ととく、その心は、出欠(出血)の状況が気になりまッす~!ナンチャッテ~!

●●●&●●●&●●●のファンキーモンキーファイトマンのアル中★クルーちゃんが贈る、狂喜の青春ラプソディ!

吠える犬も笑うッ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、昨夜は、あるミーティング会場に、

3、4日位の間、上京してきている関西の仲間のスピーカーを聞きに行ってきた。


やっぱ、神様に対して律儀に、

ビッグブックに書いてある通りの提案をキチンと守って実践し続けている仲間の分かち合いは、

共感と希望と勇気を貰うなァ~!


本人にもキチンと伝えたが、いいスピーカーだった。

まさに、ビッグブックの第二章に書いてある、

知識と慰め、即ち、回復の方法があり、仲間がいるという思いが、

ワクワクするような形で湧いてきた。


昨夜のミーティングのお題目は、ビルの物語のステップ2の部分だった。

最近、ステップを手渡す時や、偶然行ったミーティング場で、

このビルの物語のステップ2の部分に、よく出会す。


ここにも、新しい仲間達に対して、効果的なアプローチの仕方のヒントがある。

何故、ビルがエビーに興味を持ったのかを自分に当てはめて考えてみれば、

答えはおのずと見えてくるだろう。

この答えは、アルコホーリクであれば、誰でも簡単にはじき出せるし、誰でも簡単に理解できる。


と同時に、人間的常識を覆す現象でもある。

昨夜の関西の仲間のように、

こんな基本中の基本を、自らの体験と共に、

まだ苦しんでいるアルコホーリクへメッセージしていく事は、凄く大切だと思う。


新しい仲間達に対して、いかに回復のプログラム、即ち、ステップの実践に興味を持たせ、

自分から、手渡して欲しいと言わせる霊的スキルは、ビジネスの世界にも相通じるものがある。


AAは、やらせでもなければ、ファッションでもないのだ!

答えは簡単。

これをやらなければ、死ぬだ!

これをやらなければ、死ぬ。

ただ、それだけ。。


与えられた命が、自分だけのものでないと思えれば、

死ぬことを、死んでいるような生き方を選択することは出来ない。


本当に、そう思えれば、自身の全てを、AAの方法に委ねる事が出来る。

俺にとって、唯一それが、俺に残された、たった一つの生きる道だと思っている。

今日の今日を新たにに、【喜びは、絶えず積極的に努力を重ね、

回復の原理を自分の日常の暮らしのなかにあてはめ、

そして、仲間たちと経験を分かち合うことから生まれてくる。】と、書いてあったが、

回復の原理を人生の全てにあてはめていく原動力は、

どれだけ自身が底をついているかの比重に、大きく比例すると思う。


死ぬことは、酒を飲むことだけではない。

自分の生き方も、人の生き方も、軽く考えたり、

自分で、自分の命を絶ったりすることも死ぬことに等しいと思う。


何の為に生きているかを生きていれば、

死ぬことはどういうことなのかは、容易に理解できる。


自分が生きれば、人も生き、自分が死ねば、人をも殺す。

ホリズムとは、そういう酷い病気だ。

そこに底をつくことが、重要だといえよう。


これは、共同体の中だけにいては、決してわからせて貰えない。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立