アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★オープン・ザ・マウス金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、思い切りシャウトして、

仲間のシャウトもメニー食らって、霊的モード全開だぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップサティスファクション、食らってチョンマゲ~!


お弁当とかけて、放課後ととく、その心は、残されると悲しいぜェ~!ナンチャッテ~!

  『あんたも高校時代、随分と補習授業で放課後、残されていたそうやなッ!』

  。。いやボスッ、正確に言いますと、

その補習授業には殆ど参加せず、隣の教室で酒飲んで寝てました。。


それなのに、何で卒業できたのか、今だに謎です。。

青春だァァァァァァァァ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、快晴ッ~!

いや~、昨夜は、ホームGのステップミーティングに突入し、

ビッグブックの第7章の後半を仲間と一緒に分かち合った。

第7章は、ステップ12にあたる。


この部分は、全ての事にAAの原理を実行しようと努力することで、

AAの外とか、中とかに関わらず、同じスタンスで生きることを提案している。


ステップ12まで手渡され、ようやく、AAの12のステップに生きるスタート地点に達する。

洗濯機で例えれば、新しい洗濯機を購入して、使い方のマニュアルを読んで熟知し、

それに従って使っていく事で、その洗濯機の使い方を身に付けるのと全く同じだ。


当然ながら、使い方を完全にマスターしないうちに、

勝手にいじってしまったら、洗濯機を正常に動作させる事はできないだろう。

そして、俺みたいに、たまにしか洗濯機を使わないと、

一度使い方を覚えていても、その使い方を忘れていて、

また、マニュアルを引っ張り出して、読み返す必要が出てくる。


ステップを、ステップ12まで、キチンと経験者から手渡され、

そこで初めてスタート地点に立ち、

その手渡されステップの通りに生きる事によって、

酒を飲まない、酒を必要としない生き方が継続でき、

自身の存在価値に日々目覚めていけるのだと思う。


だから、全ての問題は、問題のまま放置したままなら、

自分から始まっている事を念頭においておくべきだろう。


あるAAの経験を綴った書籍に、【いま私が受け取っているものは、ビルの言う「安定」という贈り物だ。

AAプログラムの中の安定、自分自身の中の安定。

けれどももっとも肝心なのは、私のハイヤー・パワーとの関係の中での安定だ。

そのハイヤー・パワーを私は神と呼んでいる。】と、書いてあった。

過去の生き方の不健全な安定のさせ方の中に、幸せを自分の外に求めるものがある。

例えば、ソーバーであっても、グループがもっとシッカリしていれば、自分は安心なのに。。

AAがもっとシッカリしていれば、自分は安心なのに。。

家庭が、親が、旦那が、嫁さんが、子供が、会社が、世の中が、

もっとシッカリしていれば、自分は安心なのに。。


俺もステップを手渡された直後のピンクの頃に、そんなモードに陥った。。

だが、安定を外に求めていること自体が、際限のない渇望現象であると悟り、

それを神様に取り除いて貰う為に、

その問題についてだけのスポット的なステップ4から9までをやって、

問題の大元が見え、少し時間がかかったが、完全に取り除いて貰うことができた。


要は、誰も、俺自身も、俺の酒を止められないし、誰も、俺自身も、俺を安定させる事はできないのだ。

誰も、俺自身も、俺の酒を止められないし、誰も、俺自身も、俺を安定させる事はできない。

どんなに酷いことが起こっても、

最終的には、それも俺には絶対に必要だったというハイヤーパワーにしていけなければ、

自分の外へ安定を求める渇望現象は、永遠に止められないだろう。


いくら毎日祈っていても、気の合う仲間と会って、

常に人の悪口を言って喜んでいるようでは、宝の持ち腐れだと思う。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する