人間的には超~理不尽な事

グッド★超~ホットステージ金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、司会をやらせて貰って、

視界がスーパーウルトラ広がったぜェ~!ナンチャッテ~!
(その1)


昨夜の●●●Gのミーティングは、もしかして、始まって以来の大盛況で、熱かったぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップソルドアウト、食らってチョンマゲ~!

最近の映画とかけて、ワンマン社長ととく、その心は、CG(指~示)が凄いんでッす~!ナンチャッテ~!(その2)

『上京したら、一度、

●●●Gと▲●●●Gに偵察しに行かなアカンなッ!

ところで、映画なら、東映が1番やッ!

日活にッ、勝つッ~て感じやなッ!ナンチャッテ~!(その3、その4のアベック)

今朝の大阪も、熱いでェ~!』


ギャオッ~~~、ボ~スッ、必殺★アベック駄洒落返し、参りましたァ~!

ご来店、謹んでお待ちしておりま~すッ!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、晴れッ~!

いや~、昨夜は、ビッグブックのマーカー部の分かち合いを仲間と一緒にやってから、

ホームGのミーティングに突入した。

昨夜のミーティングは、月に1度のオープンMだった為、

AAメンバー以外の人達も集まり、床に敷いていたビニールシートも足りない位の大盛況だった。


日々のステップの中の、自分の人生に自分の何かを差し出すようなニュアンスで、

大勢の仲間の中に、全身全霊を委ねると、

理屈抜きで、よりアグレッシブにステップに生きていこうという力を貰う。


やっぱ、仲間あっての俺だし、

仲間あっての俺のステップの実践だと改めて感じた。


ビッグブックのマーカー分かち合いは、ビルの物語のステップ2の部分だった。

ここには、まさにステップ2の根源といえる、エビーとビルとの出会いがあり、

何故ビルが、エビーとの出会いに魂を動かされたかが、

感動的な形で、克明に書かれてある。


そしてその少し前に、 【かくして・・・かくして】と、

【オアシス・・・オアシス・・・】 と、行を続けて、同じ言葉が二度書いてある。


オアシス、即ち、飲んでいようと、止めていようと、

同志がいて安心するものを人間は生まれながら持っていること。。


だが、その本能も使い方や、加減によっては、

アルコホーリクにとって、生死に関わる問題になること。。


そして、かくして、即ち、隠れて酒を飲むこと事態がおかしい。。

やっちゃいけないとわかっていながら、隠れてやってしまう。。

だが、これは、酒だけに限らず、進化的な回復を維持していなければ、

他の事でも、マズいとわかっていながらも、

強迫観念に押し切られ、隠れてやってしまうように思う。


まさに、それらを、酒が代弁してくれた事、

俺にとっては、その事実を受け入れる為の大きな説得力だった。

この力も、ハイヤーパワー以外のなにものでもない。


あるAAの経験を綴った書籍に、

【私が傷付けた人のリストを作るのは特に難しいことではなかった。

私の恨みが本物だったか、勝手な思い込みであったかはともかく、

その恨みを向けていた人達や、報復手段と思って傷付けてしまった人達のことは、

第4ステップの棚卸しのときに既に明らかにしていたからだ。

自分の回復を徹底的なものにする為には、

私を傷付けた人に埋め合わせをして貰うかどうかは問題ではない。

神と私との関係で大事なことは、自分が傷付けた損傷を修復する為に、

自分ができる事はきちんとやった上で、神の前に立つ事である。】と、書いてあった。

昨夜のミーティングのお題目は、【過去を活かす】だった。

ビッグブックのステップ4の部分のエンディングに、

【自分の行為によって傷付けた人達をリストにし、

できるだけ過去を正す気持ちになっている。】と、書いてある。

このフレーズには、深い、深い、意味がある。


たとえ、虐待であれ、ドメスティックバイオレンスであれ、モラルハラスメントであれ、

相手から何かしらの傷を受け、最高に恨んだ人や、最高に恐れた人を、

ステップ5では、霊的に目覚めたステップ経験者を通して神様と深く、事細かに分析していく。


そして、最終的に、その最も自分に傷を与えたと思っていた人達に、

ステップ9で、会う事で更に相手を傷付ける事がない場合に限り、

直接的埋め合わせとして、会って謝罪する事になる。


これは、それをやるまで、人間的には超~理不尽な事だと思っていた。

できたら、やりたくなかった。


だが、ステップの正しいやり方に委ねてやってみると、

絶対にやらなければならなかった事だったと悟った。


俺が知らなかった、俺が知ろうとしなかった、

本当の事実を、嫌でも、握手する様な形で、

受け入れられるようになった。


これも神様の力であり、

自分ができる事はきちんとやった上で、

神の前に立つ事だったと確信している。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立