アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★スーパーアプローチ日曜日★モーニング~!

今日は午後から、教会のミサ&奉仕に行ってくるぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップ週末大サービス、食らってチョンマゲ~!


監督とかけて、音信不通だった人と連絡がついたととく、

その心は、最下位(再会)では、小言の一つも言いたくなりまッす~!ナンチャッテ~!


只今午前10時、近所の公園で、1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、今朝は、嫁さんと一緒に、近所に回す回覧板の振り分け作業をやり、

近所にその回覧板を配ってきて、

午後からは、教会のミサに出て、

その後、教会である集まりがあるので、そこで受付を手伝う。


4●才の初日、目覚めの朝の一連のステップの実践で始まり、

今日一日は、いろんな人達と一緒に、奉仕に明け暮れる。


ビッグブックのステップ11の中に書いてある、毎晩のステップ11にあるように、

こんな神様が常に用意して下さっている人生の流れや、人生の指針に、

今のありのままの俺を差し出していく事は、この上ない幸せだし、

それもまた、与えられている事だと強く感じる。


助けて貰っているんだから、

自分が生きて、他を生かせる範囲で、適材適所の助けになっていく事&

世界中の仲間達に祈って貰っているんだから、

自分が生きて、他を生かせる範囲で、口先だけでない、行いを伴わせ、

自分以外の人達の為に祈る事は、

AA人として、最低守っていかねばならない流儀であるし、

俺にとってのプライド

(野心のない、評価を期待しない、やらなければ死ぬという、ありのままの誇り)

だと思っている。


あるAAの経験を綴った書籍に、【だから、気持ちを楽にしたいなら、

いまある罪悪感の重荷をおろす必要がある。

平和な心に罪悪感が入り込む余地はない。

私のハイヤー・パワーの助けを借りて、自分自身に正直でいるなら、

罪悪感を癒やすことができる。】

&【その人たち全員に進んで埋め合わせをしようとする気持ちになった。

~ステップ8のキーワードの一つは全員という言葉だ。

~「たとえどんな状況だったとしても、私を傷付けた全ての人を私は許します」】と、書いてあった。

過去の生き方の中で、人から受けた1の衝撃を10に感じ、

人に対して与えた1の衝撃は、俺が勝手に1だと思い込んでいて、

実際は、相手にとって10だったという事を、

ステップ8-9を完結させた後に、理屈抜きに気が付かされた。


そんなオーバーフィーリング、オーバーリアクションは、

心に重積されてきた傷が原因していて、

その心の傷は、無意識に自己否定してしまうような罪悪感とつながった。


これもまた、ファーストタッチは自分からであるのにも関わらず、

人のせいにする事から始まっている。


アルコホーリックの狂気は、

本当は自分から問題のきっかけを作っていたのにも関わらず、

それを全てトリップさせ、

全て相手が問題のきっかけを作ったと無意識にすり替えて、

相手を殺人鬼に吊し上げ、思い切り恨んだり、思い切り恐れたりし、

心底、自分が被害者だとセルフマインドコントロールし、

酷いと、そこで神様を利用し、事実を歪曲させていく。


こんなモードを過去の生き方からさかのぼり、

詳細に渡って分析していき、原因を突き止め、ケアしていくのは、

いかなる人間的力においても不可能だと断言できる。


唯一、神様の力が全面的に働く、

ビッグブックに書いてあるやり方に従って、1000%従って、

その通りに、霊的に目覚めた経験者と一緒に、ステップを実践する以外にないだろう。


これができなければ、すべての人達に対して、許し、許されなんて事、

ただの綺麗ごとや、ただの能書きとしか思えないだろう。。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する