アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★クールサマー日曜日★イーブニング~!

子供とかけて、ラーメンととく、どちらも、ゲンコツがつきものでッす~!ナンチャッテ~!

只今午後9時55分、近所の公園で、1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、雨のち曇りッ~!

いや~、今朝は、一昨日から嫁さんの実家へ遊びに行っていた子供達を迎えに行って、

午後に子供達と一緒に帰ってきた。

昨日の日中、嫁さんは仕事で、子供達もいなかったので、

昼飯時、久々に近所の家系の旨いラーメン屋へ行って、ラーメンを食べた。


しか~し、何と、食べた瞬間、いつもの味と明らかに違うと感じてしまった。。

コッテリ感や、コクなど、全てにおいて、いつもと違い、淡白で、薄かった。。

そうこう思っているうちに、俺の隣で食べて親父が、店の主人に、

「味、いつもより薄いよッ!調整してッ!」と、怒って訴え、調整して貰った。。


そう言われた店の主人は、申し訳なさそうに、謝っていて、

最近、スープの作り方を間違えたりして、そんな事がたまにあると、ポロッと漏らしていた。


そんなやりとりを聞いていて、

いつも、朝晩など、今日一日の要所要所で、適材適所に実践している、

ステップ10-11と凄くかぶっているように思った。


ラーメン屋でクレームをつけた親父も、俺も、

定期的に、そのラーメン屋の味を求め、足を運び、

食べ続けてきたから、味の異変に気付けた。


当然ながら、昨日初めて、そのラーメン屋を訪れた客であれば、異変という次元はない。。

要するに、異変があろうとなかろうと、

ステップ10-11を、ビッグブックに書いてある通りの提案に沿って実践しているから、

本当に異変があった時に、それを異変だと、ありのままに受け入れられる。


だが、何もやっていなかったり、

気が向いた時だけ、ステップ10-11をやったり、

ビッグブックに書いてある提案を無視して、

自力の自己流で、ステップ10-11をやって、やったつもりになっていたとしたら、

異変を異変と自覚する次元にない事となってしまうだろう。。


いろんな身近な現実にたとえてみると、実に分かり易い事ではあるが、

案外はまりやすい落とし穴と言えよう。


あるAAの経験を綴った書籍に、【さしあたって、私達は人生の建て直しを計ろうとしている。

だが、それ自体が目的なのではない。

~私が忘れてはならないのは、傷付けた人達が言葉で許してくれたからといって、

それで自己満足を得るような事が、私の目指す目標ではないことだ。

私はいま、埋め合わせをしようという気持ちになっている。

埋め合わせをしていく中で、私は修復され、前進でき、

そして私の為の神の意志を知り、それを求めていくことができる。】と、書いてあった。

このフレーズ、ビッグブックのステップ8-9の部分に書いてあり、そのすぐ後に、

【私達の本当の目的は、神と自分の周りの人達に対してできるかぎりの奉仕ができるように、

自分を捧げる事である。】と書いてある。

要は、過去に傷付けた相手に対して、謝罪したからといって、

それ以後、その相手のいいなりになるというのとは違う。

それと同時に、謝罪した相手に対して、もう埋め合わせは終わったからと、

自分の思い通りに相手をコントロールする事とも違う。


そういった依存と支配から、完全に切り離した、神様の領域の中で、

しかるべき時間をかけて、人間関係を修復していかねばならないのだ。


だから、謝罪した相手が、おかしなことを言ったり、やったりしたら、

当然ながら、相手を傷付けない範囲で、物言いしたってOKだし、

その逆の立場に自分があっても、

自分でマズいと思えば、すぐに謝罪して、神様の意志に沿って、改めればいいし、

言いがかりだと思えば、言いなりにならず、距離をおいて、

病気の友に対する祈りを捧げ、そのスタンスに行動すればいいのだ!


ビッグブックの中にシッカリ書いてあるが、直接的埋め合わせは、

すぐに相手に許して貰う為とか、すぐに相手と仲直りする為に、やるもんじゃない!


それは過去を消すという事と同じだし、

過去を活かせても、過去を消すという事は、絶対に、絶対にできないのだ!


過去を消すという事は、神様にもできないんだよ!

何故ならば、どんな酷い過去でも、

神様が計画する未来に、必ず活かす事ができるからだ!


自分なりに理解する神様を感じていれば、

今に、未来に、不必要な過去など何一つもないのだ!感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する