否定する形で、記憶を闇に葬ってきた

グッド★ロケットスタート火曜日★モーニング~!

今週も、AA、仕事、家庭、遊びと、マルチに、アグレッシブファイティングでいくぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップイントロジョーキング、食らってチョンマゲ~!


ものまねとかけて、煮付けととく、その心は、よく似て(煮て)いるとうまいでッす~!ナンチャッテ~!

只今午前8時、フレックス遅出勤途中の電車内でっす~!本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、一昨日は、地元の祭りで、

娘も、息子も、各々の仲のいい友達と連れ立って、祭りへ出掛けていった。


当然ながら、二人とも小遣いをねだってくるわけだが、

俺もそんな時代があったなと、自分の子供の頃を如実に思い出した。


しらふでも、完全にステップに生きる以前は、無意識に、過去を封印していて、

特に家族関係に関しては、断片的な、記憶の引き出ししかなかったように思う。


あってはならない現実を忘れる為に、

酒を飲んだり、不健全や分不相応な事に突っ走り、親父の存在を完全抹殺した。


そんな状態で、昨日のようなフォーメーションに遭遇しても、

きっと、過去の全てを肯定するような形で、記憶を蘇らす事はできなかっただろう。


ステップ1~7までの正しい理解と実践を経て、ステップ8-9を完結した後に、

日々のステップ10-11の実践、AAだけに偏らない、本来のステップ12の実践とコラボして、

ステップ8-9の波状効果は、こんな形の恵みとして、神様は、お示しになって下さる。


否定する形で、記憶を闇に葬ってきた訳だから、

ステップ8-9のスタンスのような肯定する形を作れなかったら、

記憶を蘇生し、ハイヤーパワーとする事は出来なかっただろう。。


神様は、マジにやった奴には、マジに応えて下さるものだ!

あるAAの経験を綴った書籍に、【しかしいま、「私自身は何ものでもない。

何もかも父なる神がしてくださる」という言葉が、

素晴らしい約束と意味をもち始めた。】と、書いてあった。

このフレーズ、12&12のステップ7の部分に書いてあり、その少し後に、

【私達の欠点を増大させていたものは、自己中心的な恐怖

---既に得たものを失うことへの、あるいは求めるものを得られないことへの恐れだった。

私達は要求が満たされないままに生きてきた為、絶えず不安と不満の状態にあった。

これらの要求を鎮める方法を見つけるまで、平和が訪れるはずはなかった。

要求と単なる望みとは、誰が見ても違うものだ。

~私達はアルコールに対して無力であり、健康な心に戻してくれるのは自分を超えた大きな力しかないと信じた。

その時と同じように、欠点を取り除く事についても私達は謙虚な気持ちになるはずだ。

あの時の謙虚さが、破滅にいたるとらわれを消す恩寵をもたらしたのだから、

いまここで私達の抱える他の問題についても同じ結果を期待していいのである。】と、書いてある。


ステップ1の肉体・精神・霊的と、病んでいった一つ、一つを正しく理解できると、

自力や、人力など、人間の知恵では、飲酒の問題はどうにもできないと、

容易に理解する事ができる。


そして、病気を正しく理解できていないと、

すぐに酒の代わりを探し、不健全で、分不相応なことで、

安定させたくなるメカニズムもわかるようになる。


ビッグブックの中には、いろんな言葉を使って、

世の中には、人間の力だけでは、どうにもならない事が、ただあると再三伝えている。


そんな事を謙虚に受け止めて、完全なる敗北を認め、神様の示すやり方に完全に委ねれば、

ハイヤーパワーの存在を嫌でも感じ、知る事ができる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立