成功ではなく、成功した結果が大切なんだ!!

グッド★ライトアップ日曜日★イーブニング~!

漁船とかけて、暴走族の上納金ととく、その心は、早朝(総長)に出しまッす~!ナンチャッテ~!

只今午後5時半、近所の遊歩道で、1時間プチマラソン&プチウォーキング中~!本日の●●●は、快雨ッ~!

いや~、今朝は、一家で教会のミサへ行き、午後からは、子供達と遊び、

そして、今夜は、テイクアウトお仕事をやらなくちゃだ。

今週、来週と、職場で、いろんな設計が重なる予定にあり、

2、3日位前から、先取り不安の恐れモードを重積気味にある。


だが、今朝になって、神様から受け取ったものとして、

チョイと自分の枠からはみ出し、心配しなくともいい事まで心配している事に、気が付かされた。


無意識に、俺特有の負のパターンからくる、身勝手な恐れが大きくなりつつあったようだ。。

明らかに不可能な予定ではないのに、明日以降の事が上手くこなせるか、こなせないかだけにとらわれ、

今にベストを尽くす事とか、計画を綿密に立てる事など、現実的な事から、意識が離れていた。。


こんな感じで、神様にしか決められない事と、俺自身で決められる事を、日常生活で混同してしまう、

人間的な弱さを克服していく為には、どうしても、ビッグブックに書いてあるような、

ステップの実践の流れに身を置く他にないように思う。


特に、夜、眠りにつく前のステップ11の実践は、効いている手応えがある。

やはり、ステップの実践継続によって、自身を蘇生させてくれるハイヤーパワーは、偉大だ!

あるAAの経験を綴った書籍に、【1年半後、3人は7人について成功した。】と、書いてあった。

このフレーズ、ビッグブックの第11章に書いてあり、その少し後に、

【AAの生き方は、集まりに顔を出し、病院を訪ねるだけのものではない。昔の傷を修復し、・・・・】と、書いてある。


そして、〔昔の傷を修復し〕の後には、今の日本のAAの常識を覆すような、

更に驚くべき事が書いてあって、いつ読んでも、一瞬、自分の目を疑ってしまう。


ここでいう成功とは、一体、どういう事なのだろうか。。?

1年半後に、グループのメンバーの数が倍以上に膨れ上がるなんて事を、今の日本のAAで、

実現しているグループは、どの位あるのだろうか。。?


その辺の疑問に対する意見は、多種多様にあるだろう。。

だが、アメリカは特別だと吐き捨ててしまうのは、あまりに寂しいし、あまりに悔しいような気がする。

本当にアメリカが特別か、否かなんてのは、

単純に、日本でも、同じやり方をやってみなければわからないのではないかと思えてならない。


ビッグブックにも、シッカリと書いてあるが、アルコホリズムという病気に、

国籍や、性別や、年齢や、職業や、貧富の差などで、条件をつけてしまったら、

本来の回復の導きを閉ざしてしまう事になってしまうだろう。


やはり、病気も、回復のプログラムも、絶対に、絶対に、人を差別しないという事は、

忘れてはならない事だと思う。


俺の知る限り、単に酒を飲まない事、仕事がある事、家庭がある事が、

AAでいう成功ではないと思う。


AAでいう成功とは、成功した結果、

酒を必要としない状態を維持でき、仕事が与えられ、家庭が与えられるという事だと思う。


そんな成功に、これからもこだわって、

そんな成功の方法を末だ苦しんでいる仲間達に、

グループを母体として、手渡してゆきたいと強く感じる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立