アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ギャグダスト金曜日★モーニング~!

昨夜は、ホームGのミーティングに突入し、仲間の話を聞くに徹して、黙想が深まったぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップサイレント、食らってチョンマゲ~!


舞妓さんとかけて、暗い夜道ととく、その心は、伝統(電灯)がなくてはなりませェ~んッ!ナンチャッテ~!

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、晴ッ~!

いや~、昨夜は、仲間と一緒にビッグブックのマーカー部の分かち合いをやってから、

ホームGのミーティングに突入した。

久々にビッグブックの医師の意見に基づき、ステップ1の基本を仲間と一緒に分かち合い、

いろんな事を新たに、ピュアに感じた。


やっぱ、仲間にメッセージされ、仲間へメッセージするという聖なる目的で、

この儀式たるやり方を通さないと、人間の意識を超えた次元で、

一度掴んだものでも、忘れてしまったり、ブレてしまう事を強く感じた。


やはり、回復には、既得権は絶対に、絶対にない事、思い知らされた。

そして、アルコホリズムは、決して目に見えない、

樹木の根っこのような病気なんだという事を改めて感じた。


何故、俺は、酒を飲まなければならなかったのか。。?

AAに来てからも、何故、俺は、まるで酒の代わりを探すように、

不健全で、分不相応なもので、一発逆転グランドスラムみたいな形で、

すぐに、すぐに、すぐに、すぐに、自分を安定させなければならなかったのだろうか。。?


そんな深い、深い、自分の病気のを一つ、一つ、明快に、スーパーチョベリグ簡単に、

解明していくには、もしかしたら、ビッグブックのやり方によるステップの理解と実践以外に、

方法はないかもしれない。


あるAAの経験を綴った書籍に、【ソブラエティは、時間と共に深まる贈り物なのである。】と、書いてあった。

約2年前から、毎日、毎朝、毎晩、欠かさず、毎日のステップの実践の一部分として、

ステップ6の聖なる問い掛けを、神様を代弁、代行し、ビッグブックに書いてある通り、

自分に対してやっている。


これをズッ~と、心を込めて、魂こがして、やり続けてくると、

その積み重ねによる、あらゆる霊的変化を自身の中で感じるようになる。


こんな事から、デザインフォーリビングで、人生を組み立てていく事が、

本当の揺るぎのないソブラエティの基本だといえよう。


ステップ6を毎朝、毎晩、馬鹿の一つ覚えみたいに毎日続けてくると、

少なくとも、2年前の俺よりも、今の俺の方が、

自分特有の負のパターンから来る性格上の欠点をになっている事に嫌でも気付く。


最初は捨てたくない思いも若干あったが、今は、反吐(ヘド)が出る位に変えられた。

反吐(ヘド)が出る位に嫌になれば、手放す意欲も超~増幅する。

そして、もっと、もっと、もっと、嫌になりたいという希望を持てるようになる。


この簡単なステップの実践を継続していけば、こんな形で、

ソブラエティは、時間と共に深まる贈り物にする事ができるのだ。


ただ、難しいのは、この簡単なステップの実践をいかに必要性を持って、

何年も、何十年も、継続していけるかだと思う。


俺の知る限り、そんな力は、ミーティング以外に貰える場所はないだろう。

そして、泣いても、笑っても、狂っても、いつでも、どこでも、誰とでも、

今日一日、一歩、一歩、進化していくという希望と勇気と可能性を維持していく事だと思う。


だから、自分以外の全てをハイヤーパワーにし、全てに神様の意図があると思えなければ、

病気の重い俺は、生きていけない!生きていけないんだ!!感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する