アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
グッド★ジプシージョーキング火曜日★モーニング~!

昨夜は、恒例の宿直勤務で、午前2時過ぎまで、仕事してたぜェ~!

そこで一発、爆笑★ステップジャンピング、食らってチョンマゲ~!


今後の日本経済とかけて、誕生日の子供のおねだりととく、

その心は、景気回復を望む(ケーキ買い、服を望む)~!ナンチャッテ~!


只今午前7時半、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、昨日は恒例の宿直勤務で、午前2時過ぎまで仕事をしていた。

昨夜、寝る前のステップをやって、今朝起きて、朝のステップをやって、

顔を洗ったり、歯を磨いたりしていて、自分の中のある変化に気が付いた。


酒を飲みだす前も、酒を飲んでいた時も、AAにつながり、酒を飲まなくなってからしばらくも、

朝、顔を洗ったり、歯を磨く事を、面倒臭いけど、やんなくちゃみたいな感覚でやっていた。


勿論、酒を飲んでいた時なんかは、それどころではなく、全くやらなかったし、

腹も減らず、酒ばっかり飲んでいたから、やせ細り、マジ汚かった。。


中身も、外見も、汚れ捲りで、神様には申し訳ない事をしたと思っている。

だが、毎日のステップに生きるようになって、何年かして、今日、神様から受け取ったものは、

顔を洗う事も、歯を磨く事も、明らかに欲してやっている自分に変えられていた事だ。


自我を取っ払い、世の中の適材適所の道具になっていく為には、

まず内面の汚れから取り除いていって貰ってから、

次に外面の汚れを取り除いていって貰うというプロセスを踏まないと難しいと思う。


今回の事とは、直接結びつかないが、ビッグブックに、

【私達にとっては、物質的な豊さは霊的成長のあとに続いて起こるのであって、

その前に起こるものではないのだ。】
と、書いてある事を思い起こす。


こんな神様からの教えや、プレゼントに感銘を受けれるのも、

毎日のステップ実践継続の積み重ねの賜物だと強く感じる。


あるAAの経験を綴った書籍に、【誰かをありのままに見ることをせず、自分が望むように期待する時、

その人が私の期待通りにならなければ、私は傷付く。】と、書いてあった。

過去の生き方の中で、親父がアルコホーリクで、お袋がその親父と共依存の関係にあった事、

恥ずかしながら、AAにいても、ビッグブックのやり方でステップをやり直すまでは、

全くわからなかった。


そして、それと同じ位、俺は俺の事をわかっていなかったと思う。

所々わかっていたとしても、小さくても、最も大切な部分をスルーしていた。。

特に両親に対しては、自分の責めを緩和するような自己中心的な思いで、

無意識に、変に美化していたかもしれない。


今思えば、真実を真実として見る力がなかったのだと思う。

ビッグブックの字が読めても、ある儀式的なやり方を通さなければ、

決して理解させて貰えないのと凄く似ている。


だから、真実を真実として見る力をステップの実践によって、培う必要があるのだ。

その力も、ハイヤーパワー以外の何ものでもない。感謝だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する