聖なる逆説

グッド★待ってたぜサタディ★モーニング~!

ゲームとかけて 、進入禁止ととく、その心は、まずは策(柵)を立てることが大切でッす~!ナンチャッテ~!

只今午前11時、近所の遊歩道で、1時間プチマラソン中~!本日の●●●は、スーパーウルトラ快晴ッ~!

いや~、昨夜は、職場周辺で、仲間と一緒にビッグブックのマーカー部の分かち合いをやった。

お題目は、ビッグブックの第6章で、ステップ8-9だった。

最初、ビッグブックに書いてある大切な部分と、それが何故大切なのかを俺自身が

経験者から伝えて貰った事を中心に、実例を交えて伝え、

実際に埋め合わせのリストを配布して、その書き方も、霊的変化の起こり方と共に、レクチャーした。


ステップ4で、自分が恨んだ人達や、恐れた人達を書き出し、

その殆どの人達に自分が埋め合わせをしなくてはならないという、

聖なる逆説が、このステップ8-9の直接的埋め合わせをやり遂げ、ステップ10-11の実践と平行して、

生涯に渡って、間接的な生きた埋め合わせをやり続けていく中で、

自分なりに理解する神様と一体となっていくような形で、納得する事が出来る。


この聖なる逆説に納得出来なければ、残念ながら、霊的目覚めは、絶対にないのだ!

だが、単純に、霊的目覚めのハードルは、たった一杯の酒の差と同じように、

ステップを順番に沿って、正しくやるか、やらないかだけでしかない。


【一杯じゃ多過ぎる、一億杯じや少な過ぎるとかけて、

中途半端はクソの役にも立たないととく、

その心は、ザ・アルコホリズムでッす~!

By 重症のアル中&或る中年★クルー(狂うじゃないよ!)】


あるAAの経験を綴った書籍に、【私の決定は、殆ど全てが恐れに基づいたものだった。

~ソブラエティを得て5年後に、幾つもの厳しい恐れに対処しなければならなくなったが、

神は手助けしてくれる人を与えてくれた。】と、書いてあった。

過去の生き方の中で、自分の意にそぐわない事が現実に起こったり、起こりそうになった時、

自分の思い通りにならない事への身勝手な恐れが、いつも勃発していた。


そういう時って、一人では、どうしようもできないのに、

何故か、そんな時程、取り付かれたように、一人でどうにかしてしようして、

問題を頭の中だけで、頭が破裂する程大きくし、更に恐れていった。


本当は、相手が自分に対して吐いた暴言よりも、自分が報復した陰険な仕返しの方が、

何千倍にも酷かったのに、それが逆転してしまうのは、殆ど、自分の頭の中で、

事実を歪曲及び肥大化させていったせいだと言っても過言ではないだろう。。


それは、ステップ8-9で、絶対に相手が悪いと恨んでいても、

ステップ経験者から導きという手助けを受けて、

嫌々ながらも直接的埋め合わせをすべき人達全てに、謝りに行かなければ、

神様に、絶対に、絶対に、わからせて貰えないのだ。


いくらやるのは自分一人でも、自分一人の力だけでやれる事など、

世の中、殆どない事をここで初めて悟る。


一人の力ではどうする事もできないから、

誰かに聞くとか、誰かに手伝って貰うようお願いする事は、罪ではないのだ。


誰かに聞けば、いちいち人に手伝って貰わなくとも、自分でどうにか出来る方法を伝授して貰い、

一人のマンパワーだけで、どうにかなる場合も少なくない。


それも一人の力だけでどうにかした事ではなく、人を通した神様の意志による力、

すなわちハイヤーパワーによってであり、それが本当の信仰なんだと思う。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立