時間をかけて傷付けてきたのなら、修復にも時間がかかる

グッド★ラグタイム木曜日★モーニング~!

昨夜は、●●ヤングOB司会ミーティングに突入し、懐かしい仲間の分かち合いを堪能させて貰ったぜッ~!

そこで一発、爆笑★ステップあの時俺は若かった、食らってチョンマゲ~!


クルーのギャグに対する周りの人達の反応とかけて、長すぎる袖ととく、その心は、冷たい(詰めたい)~!ナンチャッテ~!

 『今も、違った意味で、若いと思うでェ~!』

・・・・ そんな事を言われても、リアクションに困ってしまう、心中複雑な俺がここにいる。。

只今午前7時25分、会社内1時間プチマラソン中~!本日の●●●&●●●は、雨ッ~!

いや~、昨夜は、3ヶ月に1度の●●ヤングOB司会ミーティングに突入した。

昨夜の司会者は、現役のヤングの仲間達からのリクエストがあった仲間で、

本当に、本当に、ヤングミーティングの活動を苦労して、

一生懸命やった仲間で、凄く感じるものがあった。


ヤングだった頃の彼を通したスピリットで、どれだけの若い仲間達が助かっただろうか。。

それを思うだけでも、胸が熱くなる。。

日本のAAでヤングの活動がまだ、逆境だった頃、

そこでそれに逆らうようにアグレッシブに活動していた仲間は、

後々のソーバーで、いろんな意味で神様からの祝福や恵みを受けている。


彼も、最終的には、AAに生きる事で、AAの外でも人生に成功した。

それは、どこにいても、何をやっていても、誰と一緒にいても、

同じ精度で、AAで培った経験を使い、道具に徹して、人生を楽しんでいるという事だ。


AAで、まだ、ヤングだった頃は、こんな日が来るとは夢にも思わなかったが、

自分が助かる為に、選り好みせずに助けになってきて、本当に良かったと思っている


本当に、本当に、昨夜の司会者の生きたメッセージに感謝だ!

あるAAの経験を綴った書籍に、【家族への義務を放り出してまで霊的な生き方を求めることは、全く純粋でも完璧でもないことを知るだろう。

~私は家族が私に求める思いやりや関心を無視していないだろうか。

家族と一緒の時、イライラしたり、退屈そうにしていないだろうか。

「埋め合わせ」をするとき、「自分が悪かった」とただ口の中でモグモグ言うのではなく、きちんと忍耐と寛容を示しているだろうか。

家族に「しかえし」をしようとか、改心させようとして、くどくどとお説教をしていないだろうか。】と、書いてあった。

AAにつながり、最初の10年、仕事にのめり込み、最終的には、嫁さんに離婚届を突きつけられた。(その後、謝って、撤回して貰った。。)

そんな事をミーティングで分かち合ったら、ある俺と同じ位のソーバーの仲間が、

最初の10年、AAにのめり込み、家族をおかしくしてしまったと言っていた。

その時はまだ、ビッグブックのやり方によるステップをやっていなかったから、とても共感できなかった。


でも、今は、AAと仕事が置き換わっただけで、同じ状態にあった事がよくわかる。

もっとシビアに言ってしまえば、コントロールを失った渇望現象の状態で、

仕事やAAにのめり込んでいた。

やっても、やっても、足りない、満足しない、霊的に病んだ状態。。


ビッグブックにも、ハッキリ書いてあるが、

どんなフォーメーションにあっても、その場の適材適所な助けになっていく必要がある。


特に家族は、相手の事は抜きに、あくまでも自分の側の掃除として考えたら、

何十年に渡って傷付けてきている。


それを謝っただけで済まそうというのは、チョッと違う。

本当にわるかったと思って謝ったら、

その思いを、その後の行動で証していかねばならない。


そこで神様は、忍耐と寛容という形で助けてくれる。

時間をかけて傷付けてきたのなら、修復にも時間がかかるのだ。

だから、ハイヤーパワーが必要になる。感謝だ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立