スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップの実践自体が、目的ではないのだ!

雪
グッド★アウトブレイク火曜日★アフタヌーンッ!

大雪の中をお行きなさ〜いッ!

ナンチャッテェ〜!

只今、午後4時半、

自宅近所の遊歩道で、

1時間プチマラソン中ッ〜!

本日の●●原は、

雪景色の、起死快晴ッ~!

いや〜、昨日から

●●原にも雪が降り、

15センチくらいは、積もった。

雪道を走っていると、

妙に、俺、

慣れてるなあと思った瞬間、

そういえば、

俺、雪国出身だったと思い出す。

記憶というのは、

そういうものでもあるというのは、

AAプログラムをやっているから、

感じられるのだろう。。

最近は、もう、完全に

年末年始の疲れも取れて、

今年の目標に向かって、

一歩前に出始めた。

当たり前だけど、

今年は去年よりも充実させたいな。

その為にも、

一に行動、ニに行動だ!

先週のホームグループの

ステップミーティングの

テーマは、ステップ3だった。

AAにつながり、

ホームグループと

スポンサーを決めて、

スポンサーの提案に委ねて、

プログラムをやり始めた。

その中で、

一日一回のミーティング参加と、

一日三回のミーティング参加に、

何の違いがあるのかと、

スポンサーに噛み付いた。

そうしたら、スポンサーに、

「お前の考えなんて、

どうだっていいんだよ!

過去、お前の考えで生きてきたから、

底をついたんだろ?!

だから、それとは違った、

最も良い結果を出している方法に

委ねるんだよ!

騙されたつもりで、

まずは、3ヶ月やってみろ!

やる前に答えを出すのは、

フェアーじゃねえぞ!」

と、言われ、

その時は、その意味が

よくわからなかったが、

やってみた。

結果は、書くまでもない。。

ビッグブックの付録の

霊的体験に

書いてあるようなことが、

既に、その時に起こっていた。。

何故、食わず嫌いが、

悪い意味で、ヤバいのかが、

やってみて、よくわかった。

少なくとも、

やる前とやった後の思いが

変わっているという経験は、

酒を飲んでいた頃には、

全く無かった。。

多分、俺の場合、

朝から晩までの起きている時間、

常に酒を飲んでいたから、

一日三回のミーティングに

出続けなければ、

自分から飲酒欲求が、

勝手に無くなっていることに

気付けなかったと思う。

3ヶ月、休まずに、

一日三回のミーティングに出た後、

それをやる前の俺の思いが、

180度、変わっていた。

理屈はよくわからなかったけど、

俺の場合、一回よりは三回の方が、

良いと思えた。

ハイヤーパワーは、

原理に委ねて行動することによって、

既に、その時から働いていたのだ!

今日の今日を新たにに、

【いま私は楽しいだろうか

〜 プログラムを実践するわずかな時間や、

ほんのちょっとした努力、

たとえば、スポットチェックや、

埋め合わせといったことは

すべてやってみる価値がある】

と、書いてあった。

ビッグブックの経験に完全に委ねた、

ステップの実践方法が、

十数年前から、東京に広まった。

俗に言うステップワークというやり方で、

経験者が

未経験者と一緒にやっていく方法だ。

俺も、十数年前、

アメリカ人や

アメリカ帰りの日本人などの

バリバリの経験者に

手渡して貰って以来、

セルフのステップを

毎日やりながら、

絶えず切らさず、

ステップを未経験の仲間に

手渡し続けている。

ある時期までは、

それが本来のAAの

ステップのやり方なんだから、

それをやらない奴は、

回復していないと、

排除していた。

だが、自身のステップを

頑なにやり続けていくにつれ、

段々と、

ビッグブックのやり方に

完全に委ねてステップを

やっていない仲間達に対して、

同じ仲間としての見方が

できるようになった。

タバコで言えば、

俺は、ラークを吸っているけど、

他の人でマイルドセブンを

吸っている人もいて、

同じ喫煙者には

変わりはないといった感じ。。

ビッグブックのやり方よる

ステップをキチンとやっている人たちに、

何で、それをやっているのかと聞いて、

正しい答えが言えるようなら

問題ないと思う。

でも、それをやってるから凄いという、

変な特別意識みたいものを

もっていたとしたら、

ビッグブックのやり方による

ステップをやっている意味は、

あまりないかもしれない。。

答えは、あえて書かないが、

是非とも、正しい目的を果たす為に、

ビッグブックのやり方よる

ステップをキチンと

やって欲しいものだ!

ステップの実践継続は、

手段でしかない。。

それ自体が、目的ではないのだ!

感謝だ!
スポンサーサイト

もう、飲める酒は、一滴もない

グッド★ スローリー火曜日★アフタヌーンッ!

画像が増加しましたァ〜!

ナンチャッテェ〜!

只今、午後3時、

自宅近所の遊歩道で、

1時間プチマラソン中ッ〜!

本日の●●原は、

少し暖かい、起死快晴ッ~!

いや〜、今日も、

全日休みなので、

夜は、近所の銭湯へ行って、

サウナ&水風呂を繰り返し、

リフレッシュフィーバーします!

今回の年末年始、

昼の仕事では、

もっぱら、料理作りに専念した。

前回の年末年始料理の

作業の反省を活かし、

今回は、使った食材で、

余ったものや足りなかったものを

事細かにデータに残し、

次に活かす行動を完璧にやった。

確かに、数量は、

今、ハッキリ覚えている。

だが、来年の今頃は、

確実に忘れていると

断言できるので、

データに残した。

不思議と、

覚えているだろうと

予測するのは簡単だが、

忘れてしまうと予測するのは、

難しい。。

そこは、忘れてしまったという

負の経験を活かさなければ、

覆せない。。

だから、ステップ8でいう、

間接的な生きた埋め合わせが、

必要不可欠となるのだ!

そんなことをやりながら、

年末年始は、

忙しく過ごし、

毎日のステップを

やり続けている中で、

あることが湧き上がった。

酒を飲んでいた頃は、

年中無休で飲んではいたが、

特に年末年始の飲み方は、

酷かったことを思い出した。

一言で言えば、

年末年始だということを

忘れるくらいに飲んだ。

普段はこそこそ飲んでいたが、

年末年始は、

堂々と飲めるといった感じ。。

(結局は、こそこそ飲んでいたが。。)

こんな感覚、

普通に酒を飲める人には、

わからないだろうし、

これもまた、

狂気としか言いようがないだろう。。

だから、年末年始は、

極力、長い時間、

仲間と一緒に過ごし、

再飲酒を防ぐ目的の集まりが、

AAには多いのだと思う。

今日の今日を新たにに、

【底をつく】と、書いてあった。

アルコホーリクにとって、

自分が飲める酒の底をつくとは、

どういうことなのだろうか?

もう、飲める酒は、一滴もない。。

残念ながら、この感覚は、

ステップの実践以前の問題で、

何万回、ビッグブックの

医師の意見を読んだだけでは、

体得できない。。

以前、副業で、

インカムを使った仕事を

やったことがある。

インカムとは、

自分の話した声は聞こえないが、

それをやっている人達には、

自分の話した声が届く。

ボタンで操作しているので、

ボタンを押し間違えても、

自分の声が聞こえないから、

そのミスに気付けないデメリットがある。

だが、何ヶ月も使っていると、

自分の声が聞こえているか、

聞こえていないかが、

感覚的にわかるようになる。

そうなると、

インカムを使った操作を間違えても、

すぐに気付け、リカバーできる。

これもまた、

理屈では、説明できない。

回復したAAメンバーは、

出来る限り、

一般社会に出て、

一般人と一緒に働く機会を

より沢山持ったほうがいいという理由は、

ここにある。

勿論、それ以外にも沢山あるが、

言いたいのは、

不思議な現象は、

AAの外にも、

沢山あるということだ。

一つ言えるのは、

インカムを使い続けていたから、

それに気付けたということ。

それと同じように、

ミーティングに出続けていれば、

何故だかわからないが、

もう一滴も飲めないと確信でき、

一杯飲んだら止まらないという

身体のアレルギーが、

自分のこととなる。

感謝だ!

ホップ・ステップ・ジャンプ!


グッド★ ポートフォリオ月曜日★アフタヌーンッ!

果汁の自動化、充実してきましたァ〜!

ナンチャッテェ〜!

只今、午後4時、

自宅近所の遊歩道で、

1時間プチマラソン中ッ〜!

本日の●●原は、

少し暖かい、起死快晴ッ~!

いや〜、案の定、年末年始は、

日中の仕事も、夜のコミュニティも、

滅茶苦茶に忙しく、ようやく、落ち着いた。

まあ、年に一度のことだから、

ベストを尽くし、何とか乗り切れた。

昨年の12月に入ってから、

夜のコミュニティで、

一番良くして貰っていて、

直接の指導を

してくれている人の態度が、

変わっていった。。

日に日に、

素っ気ない態度や

口を利かないなど。。

最初は忍耐していたが、

段々、酷くなるにつれ、

モチベーションが落ちていった。。

最終的に、

12月の20日過ぎには、

ピークになり、

もう、辞めようかなと

いうところまで、落ちた。

結局、そのことについての

ステップ10を念入りにやり、

自分で気付いてないことで、

何か俺が、

その人の気にさわることを言ったり、

やったりしたかもしれないと察知し、

勇気を出して、直接、聞いてみた。

そうしたら、

その人自身の作業が、

11月くらいから、急に増えて、

いっぱい、いっぱいになり、

俺だけでなく、他の人たちにも、

そんな態度になっていて、

自分では気付いてなかったと、

逆に、謝られた。。

昨年の最後に、

そんな出来事を通して、

神が、俺に、

何を言わんとしていたのか、

おぼろげながらに、

何となく見えた。

一歩下がるのも謙虚で、

一歩前に出るのも謙虚で、

その見分ける賢さは、

何度も、何度も、

こんな経験をしながら、

身につけていくことなんだなと、

改めて、強く感じた。

そして、

12&12の

ステップ10の部分に

書いてることの応用で、

たった一言の声掛けで、

その後の展開が、

天と地にわかれることも、

良い意味で、

恐ろしいくらいに実感した。

どんなに素晴らしい人でも、

人を神にはできない。。

やっぱ、ステップの実践をして、

神の意志に従って行動して良かった。

危うく、大切なコミュニティを

失うとこだったぜ!

今日を新たにのはじめにの部分に、

【この原稿の依頼を

世界中のAAメンバーに要請したところ、

1300通を超える応募があった。

選考に当たっては、

プロの作家ではないこと、

AA全体の代表意見としてではなく

(これはもちろんのことだが)、

一人のAAメンバーが

仲間のAAメンバーたちに

向けて書いたものであることとした。

〜またこの本をきっかけとして、

AAのあらゆる出版物が

もっと幅広く読まれるようになることを

願っている、と述べている。】

と、書いてあった。

AAの書籍の全ては、

経験によって書かれてある。

そこに、力と希望を伴わせ、

酒を飲まないで生きていく方法が、

いろんなタイプに適応できるように

展開されてある。

だから、ただ読んだだけでは、

不完全ということになる。

プロの作家が小説を書くのなら、

読者に読んで貰い、

感動して貰うだけで、

ウィンウィンとなる。

だが、AAの書籍には、

各々、目的があり、

書いてあることをやったり、

やり続けることで、

目的を達成し、

ウィンウィンウィンとなる。

何故、ウィンが三つなのかは、

是非とも、

このブログの読者には、

イメージして欲しい。

聖書も、ビッグブックも、

ただ読むだけなら、

ただのベストセラーレベルの

本でしかない。

人は死んでも、

神は永遠で、

永遠の命が人に与えられる。

今年は、南の若者の回復と、

これから始まる

新しい施設の発展に

尽力を注ぎます。

テーマは、ホップ・ステップ・ジャンプ!

感謝だ!

↓ということで、年始めのテンションアップに、

  一曲共有させて貰います!

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。