実は、転職しましたァァ~!~ソーバー30年の壁たるビッグウェーブ~

グッド★ターニングポイント土曜日★イーブニングッ~!

チキンの放置、禁止ッ~!ナンチャッテェェ!

只今午後9時、近所の遊歩道で、

1時間ウォーキング&プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、クールダウンな晴れッ~!

いや~、実は、転職しましたァァ~!

前の会社では、15年間、

自分なりに一生懸命働いていたのだが、

3年前のリーマンショック以降、

業績がドンドン落ちいき、

昨年の秋になって急に、

経営者の多額な負債が発覚し、

修復不可能なことがわかってしまった。

その時点から、給与遅配などが、

連続的に起こり、

スポンサーと何度も相談を重ねた。

結局、経営者からは、今年の夏以降は、

定期的な給与を支払えなくなると、

理由も言わずに、

物理的な結果しか伝えられず、

危険を察知して、

スポンサーからの勧めもあって、

今年の4月から仕事を探し始め、

6月になって、

同業で利益を

そこそこ出している会社に

再就職が決まった。

前の会社では、先週末まで働き、

今週の始めから、新しい会社で働き始めた。

単純に、以前の会社の敵対会社の

顔見知りの人に対して、

理由と共に、何とか雇って貰えないかと、

頭を下げ、

だったら、来いよと

誘って貰ったような感じで、

形式的には、履歴書や、

職務経歴書を提出はしたが、

そんなものよりも、

何度か会って、話し合いを重ね、

内定が出たという感じだった。

条件も、前の会社に比べたら、

多少よくなり、

40才代後半の俺にとっては、

喉から手が出る程の好条件だった。

別に、金が欲しい訳ではないが、

家族がいる以上は、

どうしようもなかった。

本当、俺のことだけを

考えて生きていたら、

どれだけ楽かと、

思い知らされた。

以前の会社で、

給与が遅配し出してからは、

その都度、お金を俺が

一時的に立て替えて、

経営者に渡し、

家の口座には、給料日に必ず、

給与を振り込んで貰っていたが、

これが、半年以上も続き、

正直、滅茶苦茶、こたえた。。

辛かった。。

だが、辛いのは、俺だけでなく、

若い社員達も同じで、

俺が辞めることで、俺の人件費が、

彼らに分配されるのなら、

自分が生きて、

他を生かすことにもつながると、

苦渋の決断をせざる得なかった。

いきなり、湧いて出てきた負債には驚き、

経営者に何があったのか、

今だに、わからないし、

わかりたくもないが、

しょうがなかったのだろうと、

許すしかない。

そんなことよりも、

そこそこ、大きくて、

シッカリした会社である分、

仕事はキツいが、新しい再就職先が、

すぐに見つかったことは、

感謝しなくちゃいけないし、

そこでシッカリと、

今までのキャリアを活かし、

結果を出すしかない。

AA人である以上、

神の意志は、

神の意志たる

行動という信仰で証する。

ただ、それだけだ。

よく先行く仲間が、

オールドタイムの30年の

ソーバーの直前あたりに、

まるで試されるかのような、

30年の壁たるビッグウェーブが

来るとよく言っていたが、

俺にも来た。。

新しい会社に移ってからは、

わがまま、不正直、恨み、恐れの

オンパレードだが、

AAに書いてある通りの

ステップを絶対に実践し、

ハイヤーパワーに

しがみついていくしかない。

かつては、それが、酒などの

非霊的なものだったことが、

今は凄くよくわかる。感謝だ!

手段と目的を履き違えないということ

グッド★スクランブル日曜日★モーニングッ~!

若者は、鴨の知り合いかもッ~!

二連ナンチャッテェェ~!

エジッ、エジッ、エジッ~、

パー、パー、パ~~!

只今、午前10時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、

朝からホットな晴れッ~!

いや~、一昨日の夜、

アジア圏のAAヤングの

国際的な集まりの、

オープニングミーティングに突入し、

「エジッ、エジッ、エジッ~、

パー、パー、パー!」

と、多くの仲間達と一緒に、

シャウトした。

その瞬間、20年前、

シアトルで行われた

インターナショナルコンベンションに

参加した時の記憶や、

21年前、サンフランシスコで行われた、

ICYPAAに参加した時の記憶が、

怒濤のように蘇った。

AAにつながり、

まだ、ソーバー2、3年の25才の頃に、

今のスポンサーに、

「20才代のうちに、

本場アメリカのAAを見てこいッ!」

と、力強く提案され、

勿論、その通りにやってみて、

本当に良かったと、

今更ながら、強く感じる。

今日の今日を新たにに、

【私たちは幾千年にもわたり、

自分の割り当て以上の

安全と富とロマンスを要求してきた。

それがうまくいっているように

見えた時はもっと大きな夢を

見るために飲んだ。

それが少しでも挫折した時には

忘れようとして飲んだ。

これで十分だということは

決してなかった。】

と、書いてあった。

このフレーズ、

12&12の中に書いてあり、

その少し後の部分に、

【なるほど、私たちのほとんどは、

よい性格が望ましいと思っていた。

だが、それは自己満足の

中で生きてゆくのに、

よい性格が必要だったからだ。

私たちが誠実さなまじめさを

適当に示していたのは、

実は自分が本当に欲しいものを

手に入れるのに

有利な立場に立つためだった。

しかし、人格を取るか、

楽な生活を取るかという

選択を迫られると、

いつも人格を

磨くことはすっかり忘れ、

自己中心的な幸福を

追い求めるのだった。

人格を磨くことそれ自体が

求めるに値するものだとか、

自分の本能的欲求が

満たされなくても努力して

手に入れるべきものだとかは、

考えたこともなかった。

誠実さ、寛容、人間と

神への真実の愛などを、

生きてゆく基本にしようなどとは

思ってもみなかった。

~神の意志を知り、

それに従いたいという気持ち、

あらゆる謙虚さの基礎にある

この気持ちが欠けていたのだ。】

と、書いてある。

今朝、所属教会の

早朝ミサから帰ってきて、

今日を新たにを読んでいたら、

嫁さんの目を盗むかの如く、

珍しく娘が、受験のことで、

俺に相談をしてきた。

まあ、どうすれば点数が

上がるかについては、

ステップ2にある通り、

同じやり方では、

違う結果は出ないことや、

何の為に高校に行くかについては、

ステップ12にある通り、

正しい目的を持って

取り組む必要があることなど、

俺の経験も伴わせ、

約30分位、話した。

娘自身、カトリックの

洗礼も受けていて、

小さい頃から教会のミサや

教会学校に通い続け、

今も、教会のミサに出ているから、

信仰の基礎は、既にできている。

それを前提に、

「キチンとした目的もなく、

ただ、高校や大学に行こうなんて奴に

出せる金なんかねえんだよ!

お前も、良く知っての通り、

それは、信仰とは、

言わねえんじゃねえのか!」

と、言ったら、

娘は、納得していた。

手段と目的を

履き違えないということは、

そこに霊的な目的を果たす為の、

確固たる行動がなくてはならない。

自分がそれをやっていなければ、

人に伝える知恵は、

永遠に与えられないのだ!

厳しい言い方をすれば、

たとえ、酒を飲んでいなくとも、

AAに書いてある通りの

ステップに生きていないだけで、

十分、罪のない人達を

傷付けることもありえる。

やっていても、

傷付けることもあるから、

24時間対応の

ステップ10の実践が

必要なわけだし。。

俺が子供の頃、そうだったように、

親に対して、正当に傷付いていても、

子供は、

親に嫌われたくないから、

口が避けても、

そんなことは、親には言えない。

それはもう、

俺の子供だった頃の代で、

終わりにしたいという想いもあるから、

最低、AAに書いてある通りの

ステップに生きている。

もう、あんな想いは、

絶対に、自分の子供達には、

させたくないから、

正しいステップを実践することで、

ハイヤーパワーに頼っているのだ!

感謝だ!

神の意志 ~ 逆境の中でも、続けたから、価値があったんだ!~

120713_0814~01

グッド★エンドレス金曜日★モーニングッ~!

声が聞こえないッ~!ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

灼熱ソーバー天国の快晴ッ~!

いや~、昨夜は、ホームグループの

ミーティングに突入し、

テーマは、【継続】だった。

今日から4日間、アジア圏を中心とした、

AAヤングの世界的な集まりが、

東京で行われる。

あの、「パー、パー、パー!」が、

日本で聞ける、夢のような企画だ!

俺自身は、その企画に、

全く、絡んでいないが、集まりには、

少し、顔だけ出そうと思っている。

26年前、今は亡きK長に、

アメリカでもやられているように、

日本でも、AAヤングミーティングを

やってみたらいいと提案され、

ソーバー1年を過ぎてから、

東京の●名町で、

AAヤングミーティングを、

仲間と一緒に始め、早、25年、

まさか、ここまでになるとは、

全く、想像していなかった。

22才でAAにつながり、

K長との出会いがあり、

23才の時に、

AAヤングミーティングを始め、

最初の1年くらいは、

あまり仲間が集まらなかったが、

いろんな仲間に相談しながら、

ミーティング以外の活動も取り入れて、

スポンサーの提案通り、

約10年は、殆ど、休むことなく、

週に1度のヤングミーティングに出続けた。

そんな中で、特に、草創期の何年間は、

あんなミーティングになんか行くなみたいな、

いろんな反発を受けながらの継続だったので、

正直、いつも、ヤングの活動なんか

止めたいとしか思っていなかったし、

それを、スポンサー以外の誰にも、

言えなかった。

だが、ヤングの現役の頃には、

全く気付かなかったが、

35才を過ぎて、自ら、ヤングを

去らなければならなくなり、

去って何年かして、逆境の中でも、

ヤングの活動をやり続けて良かったと

思えるような場面に、幾度も出会した。

逆境の中でも、続けたから、

価値があったのだと、心底、思えた。

少なくとも、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップをやり直すということは、

ヤングの活動をしていた頃の

仲間との出会いや、

関わりがなかったとしたら、

絶対に実現することはなかった。

そして、今、俺が現役のヤングだった頃に、

どう逆立ちしても、出来なかったことを、

今の現役のヤングの仲間達が、

いとも簡単に、笑って楽しく、

やってのけている。

本当、今の現役のヤングの仲間達や、

側面から、今回の企画をサポートして下さった

仲間達の皆さんに、

心から、感謝と敬意を表したい。

25年前、仲間と一緒に、

日本で初めて、

AAヤングミーティングを始め、

その導火線の火を消さないように、

何とか凌いでやり続けてみて、

それが神の意志だったから、

ハイヤーパワーが働いて、

継続できたのだと信じて疑わない。

続けてみなければ、

わからせて貰えないことがあるのが、

ソブラエティで、人生なんだと、

今更ながら、強く感じる。感謝だ!

酒を飲まないにしても、明日は我が身であること

グッド★ファーストタッチ木曜日★モーニングッ~!

禁止は、できんしなァァ~!ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

風だらけの曇りッ~!

いや~、最近、仕事絡みのことや、

人生のことなど、AA内外の人達と、

突っ込んだ話をすることが多い。

そんな中で、

【明日は我が身】

という、昔、よく東京のAAミーティングで

言われていた格言を思い出す。

この格言を初めて聞いたのは、

26年前、城西地区の

オープンスピーカーズミーティングで、

ミ●さんという女性の仲間が、

吠えるように、強い口調で言っていた。

それが、

ミ●さんとの初めての出会いで、

その直後に、ミ●さんという人が、

どういう仲間なのかを知った。

日本のAAの女性の回復者のパイオニアで、

当時は、100メートルより近くに、

近寄れない位のオーラのあった仲間だった。

だが、サービスのことなどで、

いろんな場所で一緒になり、

いろいろと目を掛けて貰い、

助けられた。

正直、女性で、

あれだけの緩急を使った

インパクトのあるスピーカーを

できる仲間は、今だかつて、

見たことがない。

まさに、小さな巨人で、

俺にとっては、

それだけ、神がかって見えた。

今月の今日を新たにのテーマは、

ステップ7についてに集約されているが、

それにリンクさせて考えてみて、

良いことも、悪いことも、

明日は我が身とあてはめた場合、

いったい、どうしたら、良いのだろうか?

毎日、AAに書いてある通りの

ステップに生きていて、

たとえ、自身に原因がなくとも、

大なり小なり、

思いもよらない災難や、

思いもよらない幸福が、

いろんなタイミングで、

押し寄せてくる。

これも、避けては、通れない。

今日の今日を新たにに、

【人生の障害物に出会ったとき、

神の助けを借りて乗り越えることを

学ばなければならない。

毎日神と一体になることで、

私に謙遜が示される。】

と、書いてあったが、

酒を飲まないまでも、

明日は我が身といったことは、

沢山ある。

ミ●さんが言わんとしていた、

【明日は我が身】とは、

辛いことも、悲しいことも、

憤りを感じることも、

楽しいことも、

喜ばしいことも全て、

その時の自分にとっての

ハイヤーパワーにしていけば、

悪いことも、必要以上に、

そう長くは続かないし、

良いことも、必要以上に、

そう長くは続かないといった

メッセージだった。

そして、AAの12のステップに

忠実に生きていれば、

何が起ころうとも、

ポーカーラフで、

オフサイドラインを超えない範囲の、

平安と安定が維持できると

信じて疑わない。感謝だ!

今の状況が、良くても、悪くても、そこに振り回されない、何かを持つこと

グッド★スタント水曜日★モーニングッ~!

このシソ、美味しそうッ~!(息子作)

ナンチャッテェェ!

只今、午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

スーパーホットな快晴ッ~!

いや~、昨夜、夜のステップを念入りにやって、

就寝しようと思っていたら、

知らない携帯番号で、

俺の携帯に電話がかかってきた。

誰かと思いきや、電話に出てみたら、

昔、朝も、昼も、夜もなく、一緒に働いた、

当時のお客さんだった。

彼は、3年くらい前に、

それまでの会社を辞めて、

消息がわからないままで、

メールアドレスだけ教えて貰っていたが、

何となく、連絡はとらないほうがいいだろうと、

放置したままだった。

だが、昨日、仕事絡みのあることで、

彼と連絡を取らなければならなくなり、

もうメルアドを変えちゃったかもしれないが、

駄目元で、メールを入れておいた。

そしたら、すぐに、電話をくれて、

10数年前からの昔話で盛り上がり、

30分くらい話し、

近い内に、都内で会って、

一緒に食事でもしようということになり、

話は終わった。

お客とクライアントといった関係だった、

同年代の彼と、10数年に渡って、

凌ぎを削ってやった仕事は、

正直、キツかった。

逆に、お客とクライアントといった

関係を取っ払い、

共同開発者として、

目の高さを同じにしなければ、

できなかったかもしれない。

曲がりなりにも、

俺が仕事でここまでこれたのは、

彼と一緒に仕事をした

経験のお陰でもあると、

再認識した。

本当、肉体労働的な働き方で、

技術力を高めるといった、

貴重な経験だった。

昨日の今日を新たにに、

【たとえ事態そのものは変わらなくても、

謙虚さを実践していくことで、

心の落ち着きや平和が味わえる。

それは、自分より偉大な力を

頼ることで自然に受ける恵みである。】

と、書いてあったが、

今の状況が、良くても、悪くても、

そこに振り回されない、何かがないと、

AAに書いてあるような、

本来のソーバーを保つのは、

難しいと思う。

懐かしい人と話した後、

すぐに、夜のステップをやり、

就寝し、明けて、

今朝のステップの黙想をやった時、

俺も、あのしんどい経験によって、

得たものがあったと同時に、

それと同じくらい、

お客であった彼にも、きっと、

何か得たものがあったのだろうと、

感じた。

そして、あのキツい仕事を長きに渡って、

彼と一緒にできたのは、

彼の思いと俺の思いと、

そして、神の思いとが、

一致していたからだろうと、

信じて疑わない。感謝だ!

任せるということ

グッド★スキップビート火曜日★モーニングッ~!

司会の起死回生で、持ち越し回避ッ~!

ナンチャッテェェ x 2 ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

チョベリグ快晴ッ~!

いや~、よく、

職場や、家庭などのいろんな場面で、

「任せるよ!」という言葉を使う。

ただ、この任せるという

言葉の意味を正しく理解し、

正しく使えるようになったのは、

AAに書いてある通りの

ステップに生きるように

なってからのような気がする。

それ以前は、任せると言っておきながら、

無意識に、結果が出る前から、

ゴチャゴチャと、横やりを入れて、

コントロールしていた。

それは、

人に対しての以前に、

自分に対しても、

そうだったように思う。

例えば、

AAに書いてある通りの

毎日のステップの実践も、

その効果は、

個人差はあるにせよ、

何年か、継続して、

毎日やり続けてみなければ、

自分で意識できるくらいには、

感じさせては貰えない。。

要は、任せるとは、

その人に任せるというよりも、

やり方に任せるということなのだ。

ステップ3でいう

意志と命の方向を変えるということは、

そういうことなのだと思う。

以前、娘に、

昔、水商売で培った

コーヒーの入れ方を教え、

それ以後、たまに、娘に、

「お父さん、コーヒー入れるけど、飲む?

それとも、自分の分は、

自分で入れる?」

と、聞かれた時、

「おうッ、飲むよ!

お前に任せるから、

お前が入れてくれ!」

と、無意識に会話することがある。

そんな日常のたわいもないことにも、

ステップ3は活きていて、

そのことによって、

身近に神様を感じることができるのだ。

感謝だ!

酒を飲んじゃいけないことをわかっていても、酒を飲んでしまう

グッド★スルーソウル日曜日★イーブニングッ~!

探してたゴミが、午後、見つかりましたァァ!

ナンチャッテェェ!

只今午後8時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、現時点では、曇りッ~!

いや~、昨日の午前中は、

ソーバー20年以上の古い仲間と一緒に、

ステップワークをやり、

お題目は、AA第3章のステップ1だった。

そして、今日の午前中、

ある施設へ司会のメッセージに行き、

昨日のステップワークでやった内容を題材に、

テーマを

【酒を飲んじゃいけないことを

わかっていても、

酒を飲んでしまう】

として、ミーティングで、

仲間達と分かち合った。

俺自身の分かち合いの流れとして、

AAの第7章にも書いてある通り、

ソーバー20年以上や、ソーバー30年以上で、

スリップしてしまった仲間達の結末や、

それは、明らかに、俺自身の姿でもあり、

決して人ごとではないということを冒頭で、

メッセージさせて貰った。

酒を飲む準備が、どこから始まり、

そして、何故、

そんなオールドタイマー的なソーバーで、

ミーティングにも出ていたのに、

ましてや、酒を飲んだら

止まらないということを、

十分、わかっていたはずなのに、

スリップしてしまったのか。。?

その辺のことを、

1年未満のソーバーの浅い段階で、

シッカリと叩き込み、

根付かせておく必要性を、

俺自身にも、

言い聞かせるといった意味でも、

一生懸命、簡単に、分かり易く伝えた。

実は、スリップとは、

スリップした時点で

初めて始まったわけではないのだ。

そのカラクリは、

アルコホリズム自体、

回復に停滞はなく、

良くなり続けるか、

悪くなり続けるかの

二つに一つしかないということと、

ありのままにリンクする。

それは、見た目や、

その人が、

ミーティングで何を

言っているかだけでは、

判断できない。

だが、その人が、

そのAAメンバーが、

日々、何をやっているかを

聞き出せば、明確になる。

AA、即ち、ビッグブックに

書いてあることを

AAの12のステップとし、

それをキチンとやり、

やり続けることによって、

人間業を超えた偉大な力が

注がれて初めて、

今日一日のソブラエティが

与えられるのだとしたら、

今日一日の中で、

やるべきことは、

キチンと決まっている。

朝とか、晩とかなど、

問題があろうと、なかろうと、

キチンと、やるべきことは、

今日一日の中で、適材適所に、

事細かに、何でもこい!といった感じで、

全知全能の如く、決められているのだ。

それプラス、

仕事をやったりなどの生活を

しなければならないわけだから、

慣れるまでは、結構忙しい。

だが、神様は、そうやって、

俺をしばっているのではなく、

神様は、そうやって、

俺を守って下さっていることを

強く感じる。

今日の今日を新たにに、

【今日私が

歩む道に現れる人やものはすべて、

神が私のために

用意してくださったものであること】

と、書いてあったが、

そんな今日一日の、

毎日、同じことを繰り返す、

シンプルなAAの

12のステップに生きていると、

目の前に起こりうる全てのことに、

神の意図があると、

自然と思えるようになり、

身勝手な恐れに振り回されて、

頭の中がグチャグチャに

なるといったことは、

見事に取り除かれる。

取り除くことと、

取り除いて頂くこととは、

違うのだ!

その違いを正しく理解することが、

酒を

飲んじゃいけないことを

わかっていても、

酒を飲んでしまうといった

不可解なことを阻止する原点になると、

信じて疑わない。感謝だ!

自分なりに理解する神と、テメエ勝手な神とは、違うんだ!!

グッド★スーパーオネスト金曜日★モーニングッ~!

そのテラスって、ラスベガスにあるの?

ナンチャッテェェ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、恵みの雨ッ~!

いや~、昨夜は、

ホームグループの

ミーティングに突入し、

テーマが、【信仰】ということで、

ミーティングの前半の20分くらい、

他グループの仲間のスピーカーを

聞かせて貰った。

スピーカーの仲間の話を、

ジックリと聞かせて貰い、

共感できる部分も沢山あり、

特に、酒を飲んで初めて、

問題が持ち上がり、

展開していったのではなく、

明らかに、確固たる問題があったから、

酒や、それ以外の仕事や、

金や、異性へと、渇望を伴って、

急速に進行していったのだなあと、

強く感じた。

何故に、何の為に、

酒や、それ以外の仕事や、

金や、異性へと、渇望を伴って、

どれだけあっても、

いつも足りないかのように、

急速に突進していかねば

ならなかったのだろうか?

もしくは、しらふでも、

まるで酒を飲んでいるかのように、

仕事や、金や、異性へと、渇望を伴って、

どれだけあっても、

いつも足りないかのように、

急速に突進しているのだろうか?

俺の経験では、

AAのステップ3の部分に

書いてある通り、

ハイヤーパワーによって、

意志と命の方向を変えて貰い、

霊的に回復していくこと以外に、

そのアルコホリズムの本質たる進行を

止めることはできないと、確信している。

酒や、それ以外の仕事や、

金や、異性へと、渇望を伴って、

どれだけあっても、

いつも足りないかのように、

急速に突進していくモードを

手離させて貰ったり、

取り除いて貰う為には、

どんな時にも、

霊的なスタンス&霊的なスピリットで

生きる以外にない。

26年前の今頃、今は亡きK長が、

●●町の昼間のミーティングで、

「ステップやってねえ奴が、

神とか言ってんじゃねえ~よ!

自分なりに理解する神と、

テメエ勝手な神とは、

違うんだよ!」

と、吠えていて、そこに集まっていた、

殆どの仲間達に、

凄くヒンシュクをかっていたが、

今更ながら、その校長が

言っていた言葉の意味がよくわかる。

AAで言う信仰とは、

俺の知る限り、

AAに書いてある通りの

ステップ1~12までを、

まずは、プレイイング経験者から、

一緒にやって貰うような形で、

キチンと手渡され、

それ以後も、適材適所に、

毎日のステップの実践に

生き続けていくことによって、

築いていくもの以外の

何ものでもないと思っている。

どんなアルコホーリクでも、

キチンとした正しい段階を踏んで、

AAに書いてある通りに

ステップをやれば、やり続ければ、

必ず、自分なりに理解する神を感じ、

信仰を得ることができることを

保証しているのが、

AA即ちビッグブックなのだ。

アルコホリズムの進行は、

信仰によって、阻止するしかない。

あれッ、ナンチャッテェェ!

神様ご免なさ~い!感謝だ!

必要な時に、必要なものが湧いてくるような、引き出しを持つこと

グッド★オートモード木曜日★モーニングッ~!

検索の実験、サクセスッ~!

ピョ~~、ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、曇りッ~!

いや~、いつものごとく、

今朝7時過ぎに出社して、

メールを確認していたら、驚いたぜ!

最近は、チョッとご無沙汰だったが、

リーマンショク直前まで、

頻繁に仕事を貰っていた、

当時の俺の

第一クライアントでもあった

会社の担当者から、

今年の8月いっぱいで、

その会社を辞めるという内容の

メールがきていた。

社外の人で、そのことを伝えたのが、

俺が一番最初とのことで、

彼が、その会社で

エンジニアとしてデビューして、

一番最初に、

俺に仕事を出してくれて、

その頃は、

俺が彼に教えてあげることも多く、

何度も、

「こいつ、大丈夫なのかよ!」

と、思いながらも、

一生懸命、

サポートさせて貰ったことを

思い出した。

だが、今じゃあ、彼も結婚をして、

技術力も、かなり上がり、

もう、俺が

教えてあげるようなことはないし、

逆に俺が教わる立場に

逆転してしまったといっても、

過言ではないと思っている。

彼が、右も、左も、わからない頃から、

いろいろとサポートとさせて貰い、

彼にも、沢山、サポートされ、

それなのに、社外の人達の中から、

俺に、一番最初に、

右も、左も、わからない頃から、

いろいろとお世話になったといった文面で、

感謝のメールをくれるなんて、

別れるのは辛いが、本当に嬉しかった。

正直、この人に、

右も、左も、わからない時なんて、

あったんだ?!

てな感じで、

そんなことは、スッカリ忘れていた。

こんな瞬間に、いつも思うのは、

俺が凄いということではないということだ。

AAのステップ10の

祈りの部分に書いてある通り、

俺なんか、ただのアル中で、

それは、永遠に変わらない。

凄いのは、

俺が、その時、その時、

AAに書いてある通りのステップを、

適材適所に実践し、

そうすることによって初めて起こる、

本来のハイヤーパワー以外の

何ものでもない。

凄いのは、そういった形で、

俺を通して働いたハイヤーパワー、

即ち、AAなのだ。

俺が凄いんじゃない、

AAが凄いんだ!

今日の今日を新たにに、

【私の問題は「弱さ」というよりも、

方向性だった。

自分自身をむやみにおとしめずに、

自分のありのままの限界を受け入れ、

神の導きに向きを変えるとき、

私の最悪の過ちは、

最高の資産に変わっていく。】

と、書いてあった。

AAに書いてある通りの、

毎日のステップを、

確実にやり続けていくと、

何年かして、そのことの効果が、

自身の中で、確固たるものになる。

例えば、

毎日、ステップ1の

ひざまずいての

祈りと感謝を捧げることや、

ステップ3の祈りと約束を

自身に言い聞かせることや、

ステップ6の実践と

ステップ7の祈りを

捧げることや、

1日24時間対応の

ステップ10の実践や、

今日一日の朝と晩や、

その他の適材適所の

ステップ11の実践などを

必要最低限の範囲で、

何年もやり続けていくと、

大きな変化が自分の中に

芽生えてくることを

強く感じることができる。

当たり前ではあるが、

やればやる程、

そのボルテージは上がり、

やるのを止めてしまえば、

AAのステップ10の

警告の部分に書いてある通り、

すぐに、元の病的な状態に戻ってしまう。

いつも、仲間の中だけにいれないし、

ビッグブックを片手に、仕事するなど、

公衆の面前では、そんなことはできない。

だが、何年も、毎日、毎朝、毎晩、

同じことをやっていれば、

勝手に覚えてしまい、

必要な時に、必要なものが

湧いてくるような

引き出しを持つことができるのだ。

これには、凄く、助けられている。

AAに生きるとは、

そういうことでもあると思う。

感謝だ!

霊的に、健康で有り続けること

グッド★ロックンロールソブラエティ水曜日★モーニングッ~!

音を止めましたァァ~!ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

雲も見えるアートな晴れッ~!

いや~、今朝、出社して、

メールを確認していたら、

ここ数年、疎遠となっていた、

ある会社の担当者から、

メールがきていた。

その内容を読んでみたら、

今年の始めに、大きな病気で倒れ、

病院に入院し、現在、休職して、

リハビリ中で、今月末に、

職場復帰するということだった。

その担当者には、

リーマンショクが起こる直前まで、

数年に渡って、

定期的に、いい価格のシステム案件の仕事を

出して貰っていて、随分とお世話になった。

確か、同年代で、家族もいる人だったから、

人ごととも思えず、条件反射的に、

病で苦しんでいる人の為の祈りを捧げ、

その直後、いろんなことを考えさせられた。

今はもう完治したが、俺自身、

10年くらい前に、首のヘルニアにかかって、

首ではなく、右腕が、眠れない位に痛くなり、

癌ではないかと、勘違いしてしまったことや、

15年前くらいに、

心筋梗塞で母親を亡くしたことや、

今はもう完治したが、8年くらい前に、

小さい子どもがいるのにも関わらず、

嫁さんが1ヶ月以上、内科的な病気で、

病院に入院したことなど。。

まあ、いろいろ、

グルグルと考えてみて、

やっぱ、健康には、

感謝しなくちゃいけないよなと、

心底思えた。

今日の今日を新たにに、

【男にも、女にも、子どもにも、

一人一人のおおもとの

深いところに神の意図がある。】

と、書いてあったが、

健康に感謝して、

その与えられている健康も、

俺だけのものではないわけだから、

何かしらの形で、霊的に、

差し出していかなければ、

その健康も維持できるものではないと、

強く感じる。

肉体、精神、霊的に、

健康であり続ける為には、

その健康をどう使っているかに

かかっているような気がする。

アルコホーリクである俺にとって、

健康に感謝し、

その健康を維持していく為には、

どうしても、AAに書いてある通りの、

毎日のステップの実践が

必要不可欠だと思えてならない。

それさえ、キチンとやっていれば、

時に、病に伏せたとしても、

その意味もまた、神の愛だと、

理解できるはずだ。

神様から与えられている健康もまた、

神様のお望みの通りに使っていれば、

どんな時でも、霊的に

健康であり続けることができるのだ。

体は死んでも、

魂は永遠に生きるということ、

今は、なんとなく、

わかるような気がする。感謝だ!

理不尽と思えるようなことでも、意味があると思えるようになったんだ!

グッド★スーパーリワード火曜日★モーニングッ~!

乗車した令嬢、しゃっくりしましたァァ!

ナンチャッテェェ!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

低温サウナに入っているような、曇りッ~!

いや~、今朝、出社途中の

新宿駅構内の狭いエスカレーターで、

いつものごとく、右端を歩いて登っていこうとしたら、

目の前で、立ち止まっていた高校生らしき男性がいて、

立ち往生をくってしまった。

その瞬間、心の中で、

「ウゼェ~なあ~、

何、立ち止まっているんだよ!

登れねェ~じゃねえか!」

と、思い、

速攻、ステップ10をやろうとした、

次の瞬間、その高校生らしき男性が

後ろ向きの俺の方を見て、

滅茶苦茶、嫌そうな、臭い表情だったので、

何か変だなと思い、

一旦、ステップ10をやるのを止めて、

その高校生らしき男性の前方を、

覗き込むように、見てみた。

そしたら、その高校生らしき男性の前に、

どこかへ旅行に行くかのような、

デカい荷物をエスカレーターの

通路いっぱいにおいた団体がいて、

その高校生らしき男性も、

俺と同じ、立ち往生を

くっていたことに気付いた。

結局、その高校生らしき男性と

言葉を交わすことはなかったが、

瞬間的な、嫌な状況で共感をすることで、

恨みやわがままの感情が

相殺される形で取り除かれ、

わざわざ、ステップ10を

やる必要がなくなってしまった。

もう5年以上、

AAに書いてある通りのやり方で、

1日24時間対応のステップ10の

実践を毎日継続しているが、

そんなステップに生きるようになる以前は、

今朝のような、一歩間違えば、

言い掛かり的というか、

浅はかな勘違い的というか、

恨まなくていいようなことで、

多くの場面で、

多くの人達を恨んできたことを、

日進月歩といった形で、

強く感じさせられる。

先日の今日を新たにに関連して、

ビルはこう思うに、

【たとえその人たちに見捨てられたときも、

理解することができ、

ひどく傷つかないですむようになった。】

と、書いてあったが、

AAに書いてある通りの

ステップの実践を、

適材適所に、毎日継続していくと、

その年数によって、

一番ホットなタイミングで、

一番ホットな霊的目覚めが

与えられることを、強く感じ、

より行動を継続していこうという

信仰が深められる。

一番最初に、

経験者と一緒に、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップ4-5をやった時、

酔っ払った父親が、嫌がる俺を、

親戚の人達の目の前で、

無理やり前屈をさせて、

それに対して、親戚の人達は、

見て見ぬふりをしていたことや、

その他、シラフの時でも、

父親の奇行や奇言に対しても、

神様的に、

意味があったと気付けたことは、

大きいし、そこから新たに

何かが始まったと言っても、

過言ではないだろう。

それ以来、

毎日のステップに生きていて、

人間的に

理不尽と思えるようなことでも、

神様的には、

必ず意味があると思えるように、

勝手に変えられた。

例えば、ステップ7の祈りを、

毎朝、毎晩、捧げ続け、

そうすることによって初めて起こる

ハイヤーパワーにより、

そのスピリットは、

無意識に、その日、その日の

生き方に活かされ、

行く手の邪魔になる

性格上の欠点が取り除かれ、

どこにいる時も神の意志のままに

行っていく強さが与えられるのだ。

じゃなかったら、

どう考えても、

理不尽としか思えないことを、

神の意図として受け取るなんてこと、

できるわけがないんだよ。

頭でわかっていても、

できないから、ハイヤーパワーが

必要なんだ!感謝だ!

アル中というのは、身勝手な行動にも酔っ払うんだ!!

グッド★スーパーフォロー日曜日★モーニングッ~!

アンパン食って、平安、パンクっ~!

ナンチャッテェェ!

只今、午前9時、自宅近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、ホットな快曇りッ~!

いや~、今朝は、朝の7時から始まる、

所属教会のミサに出て、

その後は、特に予定はいれないで、

休息にあて、一日、疲れない範囲で、

ダラダラ、好きなことをやって、

過ごそうと思っている。

だが、こういうことは、

スポンサーに提案されるまでは、

なかなか出来なかったし、

スポンサーに提案されて、

その通りにやっていても、

最初の半年くらいは、苦痛だった。

ソーバー2年の時に、就職し、

ソーバー5年で結婚した直後に、

スポンサーから、

少なくとも、週に一度の休日は、

仕事をしないことは勿論のこと、

それ以外でも、AAミーティングに出ることや、

AAの役割など、AAのことは一切やらず、

休息にあてるようにと提案されて、

ようやく、本腰を入れて、

そんなことも、真剣にやるようになった。

今思えば、休む時に、シッカリ休まないと、

いい仕事もできないし、

仕事も続かないということが、

よくわかる。

俺のスポンサーは、

よく、女性であれば、●キさんや、

男性であれば、ミ●ーさんや、

K長の話をよくしてくれたし、

今も、電話で話したりした時の話の中や、

手紙を貰った時の文章の中にも、

その人達の名前が、よく出てくる。

その3人が、共通して言っていたと、

スポンサーから伝えて貰った中に、

【アル中というのは、

身勝手な行動にも酔っ払い、

一度、そのスイッチが入ってしまったら、

誰が何を言っても、聞く耳持たずで、

決して止めようとしない。】

といった言葉がある。

大抵、俺が、スポンサーに、

そんなことを言われている時というのは、

異性や仕事などに、

必要以上にハマっている時だった。

今日の今日を新たにに、

【自分のプログラムを実践し、それによって

「今日一日自分のベストを尽くすことで、

神に求められていることをしている」ことがわかり、

私は充実した気持ちになる。】

と、書いてあったが、

ベストを尽くすとは、

何も、

なんでも、かんでも、

やればいいということではない。

AAに書いてある通りの

ステップ8-9の

スタンス&スピリットで言えば、

何もしないということも、

神の意志であったりする場合もある。

もっと、突っ込んで言えば、

人間的に正しいと思える、

何かをすることで、

人を傷付ける時もあれば、

人の助けになる時もあり、

人間的に正しいと思える、

何かをしないことで、

人を傷付ける時もあれば、

人の助けになる時もあるのだ。

何もしないことも、行動で、

それが神の意志ならば、

何もしないことも、

行動のプログラムと言えるだろう。

だが、その神様が決める、

然るべき見分ける賢さというのは、

俺の場合、AAに書いてある通りの

ステップに生きていなければ、

完全に盲目だと断言せざる得ない。

俺自身、そんなスキルも、

まだ途上で、AAに書いてある通りの

毎日のステップに生きていくことで、

その継続で、一日ずつ、

スキルアップさせて貰えるもの以外の

何ものでもないと思っている。

不思議と、毎日、

そんなことをやっていて、

縛られているような感覚はなく、

何か守られているようにしか感じない。

ガチマジで。。感謝だ!

病気をナメんなよ!AAは、自惚れるなッ!

グッド★オーバーハート土曜日★イーブニングッ~!

帽子で、熱射予防、しましたァァ!ナンチャッテェェ!

只今午後7時、自宅近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れのち曇りで、

朝から、真夏のような暑さだったぜェェ!

いや~、今朝は、遠方のソーバー20年以上の仲間と一緒に、

ステップワークをやり、お題目は、第3章のステップ1だった。

ここでは、いかにアルコホリズムが、

巧妙で、不可解で、強力な病気であるかを、

あらゆる角度から解説している。

日本のAAミーティングで、

25年以上の昔から、よく言われていた、

たくあんの喩えや、

1年のソーバーでスリップして、

その後、やり直して、

その前の1年のソーバーの時の

回復の状態にもっていく為には、

倍の2年かかるといったことなども、

第3章の中に、シッカリと書かれてある。

俺自身、AAに書かれてある通りのステップを、

経験者から手渡された時に初めて気付いたのだが、

少なくとも、何故、1年のソーバーでスリップして、

その後、やり直して、

その前の1年のソーバーの時の

回復の状態にもっていく為には、

倍の2年かかるのかという理由が、

いとも簡単に明確になった。

単純に、AAの付録にある、

霊的体験のスピリットに加えて、

足し算と引き算で、考えてみると、

よくわかる。

俺に、AAに書いてある通りのステップを

手渡してくれた経験者達の中の一人に、

「クルーさァ~、風邪を引いていて、

水風呂なんかに入れば、

更に風邪を悪化させるよねェ~?

アルコホーリクが酒を飲むということは、

それと同じなんだよ!

水風呂に入らないこと自体が、

風邪の治療ではないことと同じように、

酒を飲まないこと自体が、

アルコホリズムの治療ではないんだよ!」

と、言われ、衝撃を受けたことを、

今でも、ハッキリと覚えている。

それだけに限らず、

ステップ1って、そういうことなのかとか、

ステップ1を、そうやって

メッセージするのかといったことを、

沢山、目の前で実演して貰い、

ステップワークそのものが、二人ではなく、

二人の人間と神とで成り立っていることを、

数を重ねるにつれ、強く感じるようになっていった。

今日のAAの第3章の中に、

【これがアルコホリズムの不可解な特徴である。

つまり、どんなにやめる必要があり、

どんなにやめることを願っても、

飲まずにはいられないのだ。】

と、書いてあったが、

これは、何も、酒だけに限らないのだ。

現役のプレイヤーでもある

経験者から手渡される形で、

ステップを1から順番に実践していく、

ステップワークという

儀式たる空間を通さなければ、

決してわからせて貰えないことがあるのだ。

常に、その空間を通すことで、

より神様を身近に感じていれば、

ソーバー30年や、ソーバー40年で、

いとも簡単にスリップしてしまうことや、

スリップ自体が、何故起こるのかということも、

よくわかり、自分も例外ではないと、心底思える。

やれば、やる程、そうなる。

アルコホリズムの巧妙さや、

不可解さや、強力さを

紐解いていくこともまた、

人間的知識だけでは、

どうすることもできないのだ。

昔、今は亡きK長が、

●●町の昼間のAAミーティングで、

「病気をナメんなよ!AAは、自惚れるなッ!」

と、よく言っていたが、

その言葉の意味が、今更ながら、よくわかる。

ステップ1で、自身のアルコホリズムを、

謙虚に捉えていく姿勢は、凄く大切なことだと、

AAの第3章を、神様と仲間と一緒にやる度に、

強く感じさせて貰える。感謝だ!

FC2Ad

相続 会社設立