俺が連れてきたのではなく、俺が連れてきて貰ったんだ!

グッド★スタンディンク日曜日★イーブニングッ~!

この季節の陰気、切断しましょうかァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午後7時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、今日は、朝から、

息子が普段習っている、空手の昇段審査会へ、

息子と一緒に行ってきた。

まあ、表向きの人間的には、息子の親として、

引率して行ってきたと言ってしまえば、

聞こえはいいのだろうが、

息子が空手を真剣にやり続けていなければ、

俺には、生涯、縁のない場所とも言えるだろう。。

だから、息子に、俺が、

息子の空手の昇段審査会へ

連れてきて貰ったというのが、

正確なところだと思う。

AAに書いてある通りの、

決まりきった、

毎日のステップの実践を、

今日一日のリズムで積み重ねてきて、

いつからか、

俺自身がどこから来て、

どこへ向かっていくのかという、

人生の流れに逆らわずに

いれるようになったからこそ、

ピュアに、そんな風に

感じられたのだろうと思えた。

俺が息子を連れてきたのではなく、

俺が息子に連れてきて貰ったのだ。

昨日の午前中、目一杯、仲間と一緒に、

ステップワークをやった。

お題目は、第3章のステップ1で、

ファイナルのステップ1の見極めまでを、

約2時間半くらいかけて、ミッチリやった。

ここ4、5年の間で、

ソーバー20年以上のAAメンバーが、

結構、再飲酒している。

その位のソーバーでスリップすると、

悲惨な結果しかないから、

あまり表には出てこないし、

アノミニティということもあって、

長いソーバーであれば、

安泰としか思われていないのが、

今の日本のAAの現実だろう。

特に、

ソーバーが長くなれば、長くなる程、

再飲酒と同じ位置付けで、

自殺というケースも少なくない。

そんなアルコホリズムの、

巧妙で、不可解で、強力な、

病気の深さを、第3章は、

メッセージしていると強く感じる。

ましてや、AAに書いてある通りの

ステップ1~12までを、

経験者から手渡されるような形で、

手渡されきった仲間ですらも、

再飲酒する仲間は、再飲酒する。

じゃあ、いったい、

どうしたらいいんだろうか。。?

答えは、いたって簡単で、

二度と変わることのない

病気の頭だけでは、

記憶に留めておくことが

できないという現実が、

大きなヒントになると思う。

感謝だ!

怖さを無くすのではなく、克服すること

グッド★スーパーオーバーラップ土曜日★イーブニングッ~!

雑巾の製造禁止だってよ!ナンチャッテェ~!

只今午後7時半、近所の公園で1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、仕事の忙しいも、ようやく落ち着きつつあり、

今週からは、ほぼ毎日、家に帰ってこれている。

ソーバー25年過ぎてから、

不定期ではあるが、

それまでよりも、1ランク上の試練が、

与えられていると感じることが多くなった。

話では聞いたことはあるが、

やっば、オールドタイマーと呼ばれる、

ソーバー30年までの道のりは、

なかなか厳しいものがあるのだろう。

たまに仲間とも分かち合うことだが、

最低、週に1度は、ミーティングに出て、

AAに書いてある通りの

毎日のステップを毎日やっていなければ、

正直、やってらんねえぜと

思うことが少なくない。

そういった状況の中でも、

どんな現実にも反応することなく、

適材適所のステップを

実践し続けていくことで、

回復成長進化と、

平安や安定を維持していくことが、

これから、ソーバー30年までの、

俺自身の課題であると自負している。

どんなにマジにステップに生きていたって、

それが本物か、偽物かを見定める為に、

神様は、理不尽とも思える、

不幸な現実を突きつけてくる。

俺にとって、これから、しばらくは、

そんなプロセスを進むことになるだろうと、

強く感じさせて貰っている。

正直、嫌だし、逃げたいけど、

ステップ3で約束した通り、

神様を信じて、神様についていくしかない。

一昨日は、ホームグループの

ミーティングに突入し、

お題目は、【恐れを克服する】だった。

今月の上旬、息子と一緒に、

遊園地へ遊びに行き、

息子にジェットコースターに

乗ろうと誘われた瞬間、

恐れて、ちゅうちょした。

最奥の俺は、昔から、

ジェットコースターは

怖くて避けてきた、

苦手なことだった。

若い頃に何回か乗って、

あまりの怖さに、

二度と乗りたくないものになっていた。

だが、適当なことを息子に言って嘘をつき、

何とか、ジェットコースターを

乗らない方向へもっていくような、

病的な考えに突っ走らず、

すぐに、ステップ10をワークして、

恐れの取り除きを祈り、

正直に、息子に対して、

「ババ、ジェットコースターが怖いんだよ!」

と言ったら、何か力が働いているように感じ、

不思議と、怖さよりも、

神の意志を優先して行動することができ、

いざ乗ってみたら、どんなに怖くても、

それが神の意志ならば、

怖さを無くすのではなく、

克服することができると体感できた。

恐れから逃げれば、

恐れは無くなり、

恐れと向き合えば、

恐れは更に増していくなんていうのは、

病気の俺が勝手に作り出した、

デタラメだった。

デタラメだったんだ!感謝だ!

反自己憐憫的な、共感や、共存といったもの

グッド★ワンデイステップ日曜日★モーニングッ~!

畳で立った、民夫君ッ~!ナンチャッテェ~!

只今午前10時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、週末に持ち帰った仕事のほうも、

ようやく、自分の思うように

進められるようになってきて、

少しずつだが、心にゆとりが持てつつある。

時折の極度な痛みは、

そんな時の為のステップの実践を通せば、

今が途上の回復成長進化の為に

与えられているものだと受け入れることができ、

遅かれ早かれ、取り除かれていく。

不思議だが、ステップに生きていると、

直接的に結び付かなくとも、

同じ問題で、同じボルテージで、

ドンドン酷くなっていくような形で、

心を痛め続けるといったことが無くなる。

そんな中で、効力を発揮する

ハイヤーパワーのひとつに、

辛いのは、自分だけでないという、

反自己憐憫的な、

共感や、共存といったものがある。

酒を飲んでいた時を含めた、

ステップに生きる以前の俺は、

自分の利益だけの為にを基準に、

不安になったり、安心したりしていた。

AAにいて、

世の為、人の為と言いながらも、

結局は、AAに書いてある通りの

ステップに生きるようになるまで、

圧倒的に、自分のことしか考えていなかった。

ステップ的に言えば、

自分の不幸や、

人の不幸を利用したり、

演出したりして、

自分が安定しようという、

被害者意識が強かった。

そんなことすらも、

AAに書いてある通りのやり方で、

ステップをキチンとやらなければ、

わからせて貰えなかった。

先日の今日を新たにに、

【自分自身の棚卸しを

絶えず行いながら自分の誤った行動を認め、

自覚し、その責任を受け入れていくとき、

AAのプログラムから与えられる自由は、

より大きく、より豊かなものになる。

~ほかの人たちに対する理解もより深まり、

より多くの手助けができるようになる。】

と、書いてあったが、

今は、自分の利益だけを考えようとしたら、

胸を痛めることなんか無くなった。

勝手に無くなった。

だが、今は、人のことを、

自分のことのように思うことで、

胸を痛めるようになった。

それは、ステップに生きる以前には、

殆ど無かったこと。。

(そんなつもりになって、

そんな演技はしていたが。。)

人のことを、

自分のことのように思うことで、

胸を痛めるということは、

神が、

ここにあるということなのだろうが、

それも、勝手にそうなった。

但し、そのスタンスは、

毎日の適材適所の

ステップの実践を通して、

【私達のアルコホリズムは治ったのではない。

霊的な状態をきちんと維持するという条件で、

毎日執行を猶予されているだけなのである。】

といった、神様との約束を果たしている限りのみ、

有効だということだ。感謝だ!

巧妙で、不可解で、強力な、病気の進行と超回復

グッド★ダイナミック土曜日★イーブニングッ~!

この町の床の間、調査中です!ナンチャッテェ~!

只今午後8時、

近所の公園で1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、曇りッ~!

いや~、今、抱えている設計の忙しさも、

先の見えない峠は越えて、

少し気が楽になってきた。

まあ、そうなるまでの先週なんかは、

水曜日だけ帰宅して、

それ以外は会社に泊まり込み、

昨日からまた帰宅してきて、

週末は、自宅で、残作業をしている。

納期も、お客に泣きを入れて、

一日延ばして貰い、

何とか間に合いそうだ。

こんなモードの時は、

週に一度は、死守して出ている、

ホームグループのミーティングや、

俺の仕事を手伝ってくれている

職場の若い連中に対する有り難みが、

身に染みる。

俺の場合、

こういうことというのは、

限界寸前まで自分を追い込まないと、

なかなか、

わからせて貰えないことだというのが、

今回の経験によって、

改めて、強く感じさせられた。

まあ、正直、

ステップをマジにやっていなければ、

こんなに苦しまずに済むのになあ~

と思いつつ、

または、嫌だ、面倒だと言いながらも、

一日も、投げ出そうとしないのが不思議だ。。

だが、本当に苦しい時程、

すぐに楽になれなくとも、

いつか必ず好転していくことを信じて、

AAに書いてある通りの

決まりきったステップをやっていると、

同じ辛さでも、

一日、一日、微妙に

変化していることに気付け、

時計の短い針のようだけど、

少しずつは、

良い方向へ向かっていると、

体感できる。

ステップに生きていれば、

越えられないものは、

絶対に与えられないという、

神様からの信頼は、

裏切ることはできないからな。。

先週のホームグループの

ステップミーティングのテーマは、

AA第3章の前半のステップ1だった。

アルコホリズムに対する

進行の恐ろしさや、

その逆の回復していく驚異の

全ては、

理屈ではなく、

多くの仲間を通して、

霊的に教わってきた。

死んでいく仲間達と俺とのは、

たった一杯の差でしかないことや、

1年のソーバーでスリップした仲間が、

次にまた再トライする時、

最初の1年の回復の状態にいくまでに、

倍の2年かかることなど、

巧妙で、不可解で、強力というのが、

紛れもない事実だということ、

そんなもん、そんなもんなんか、

理屈じゃ理解できなかった。。

というか、目を背けてでも、

理解なんかしたくなかった。。

だが、俺が、AAにつながった当時は、

そんなことが、毎日、

日常茶飯事のように見せ付けられ、

無意識に、俺も例外ではないと

思うようになってしまった。

もし、それがなかったとしたら、

AAに書いてある通りの

ステップを実践すると、

そんなモードと同じ、

人間的には理解に苦しむ、

驚異的な回復があることなんか

信じられなかったと思う。

それは、ステップ4を書く時に、

恨みの対象に対して、

相手を殺すくらいに、

優しくなる必要をより無くしたほうが、

自分の誤りの責任を

感じ易く促進させてくれるという、

ハイヤーパワーと

凄く似ているような気がする。

感謝だ!

ノンアルコールビールが引き金となる

グッド★スライディング月曜日★モーニングッ~!

肌について、母、談議してましたァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午前8時、出勤途中の電車内でッす~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、昨日は、フライングしながらも、

所属教会の早朝ミサへ行ったせいか、

その後、仲間とのステップワークを経て、

午後から自宅でやろうと思っていた、

職場の仕事が、予定通りに進めることができた。

神の意志を遂行することによって起こる、

相乗効果というか、ハイヤーパワーには、

本当に、本当に、救われることが少なくない。

先週の木曜日は、ホームグループの

ミーティングに突入し、

テーマは、【底をつく】だった。

同じアルコホーリクでも、

どん底というのは、人それぞれだと思う。

大切なのは、何故、底をつく必要が

あるのかということで、

そこには、アルコホーリクであるがゆえの

悲劇の共通点がキーワードとなる。

25年前、当時、バービカンという、

ノンアルコールビールが発売され、

多くの仲間がそのバービカンに飛び付き、

それを飲んだ仲間の殆どが、

バタバタとスリップした。

そのことが引き金となって、

遅かれ早かれ、

確実にスリップするという光景を、

嫌になるくらいに見せ付けられ、

それがきっかけで、酒が止まらなくなり、

亡くなった仲間も沢山いた。

恥ずかしながら、当時、精神病院を

退院しようとしていた俺も、

そのバービカンが飲みたくて、

スポンサーに相談したら、

スポンサーに、

「そんな半端なもんで満足できるようなら、

俺も、お前も、アル中じゃあねえよ!」

と、一蹴され、妙に納得して、

飲まなかったことを、

今でも、よく覚えている。

確かに、何事においても、

腹八分目で満足できたとしたら、

それは、アルコホリズムとは

言わないのだろうということが、

今は凄くよくわかる。

バービカンは、単なる一つの例で、

それが異性であったりとか、

金であったりとか、

仕事であったりとかといった感じで、

様々に代用されてゆき、

最終的には、ブーメランのように、

酒に戻ってくる。

酒に戻ってくるのに、

1日かかる人もいれば、

数10年以上かかる人もいる。

要は、まず霊的に回復していかなければ、

この死循環を断ち切ることはできないということだ。

アルコホーリクである俺にとって、

ノンアルコールビールを飲むことと、

ノンアルコールビールが引き金となって、

酒を飲むこととは、

全く同じだと信じて疑わない。

感謝だ!

同情と、共感は違う

グッド★ベストエフォート土曜日★イーブニングッ~!

嵐の中、洗濯してるの、

ばばあらしいなッ!

ナンチャッテェ~!

只今午後8時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、

月がかすかに見える、曇りッ~!

いや~、今週に入ってから、

久々に、大物の設計を抱え、

滅茶苦茶に忙しい。。

少なくとも、納期の再来週前半までは、

こんなペースで忙しいだろう。。

こんな時こそ、

AAに書いてあるような、

毎日の決まりきった、

ステップの実践は、

手堅くやっていかねばと思っている。

いつも、辛くなる度に、

自分のことばかりを

考えて生きていたら、

どれだけ楽だろうかと思い、

非霊的に引っ張られる。。

だが、そんな時の為の

ステップを実践すると、

自分のことばかり考えて生きていて、

楽であったとしても、

楽しくはねえだろうな~

というスピリットを、

自分なりに理解する

神様から受け取らして貰い、

多少の時間の遅延はあったにしても、

そのスピリットに握手することができる。

アルコホーリクが、

アルコホーリクを

助けるということは、

AA人としての流儀を貫いて、

初めて実現するのだと思う。

優しい言葉を掛けてあげたり、

話を聞いてあげたりといったことも

大切だと思うが、

それだけで酒が止められたり、

アルコホリズムから

回復していけるのなら、

AAミーティングで集う意味など、

あまりないような気がする。

あくまでも、俺の場合だが、

優しい言葉を掛けて貰ったり、

話を聞いて貰っただけじゃあ

満足できなかったから、

酒や、酒の代わりが必要だった。

同情なんか反吐が出るし、

同情なんかクソ食らえだ!

同情と、共感は違う。感謝だ!

10年以上の少し時間はかかったが、神の意思には裏切られなかった

グッド★スポーティー月曜日★モーニングッ~!

体育の日でも、食べたいイクラに、

絶対、食らいつくッ~!

ナンチャッテェ~!ナ~ンチャッテェ~!

只今午前9時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、起死快晴ッ~!

いや~、一昨日は、娘の中学校の運動会で、

娘が参加する競技の時間帯に合わせて、

見に行ってきた。

さすがに、中学生になると、

親子競技などはなく、ただ見るだけで、

いまいち、物足りなかったが、

あの雰囲気というか、

シチュエーションを楽しめて良かった。

ここ1、2年は、

親子競技がある、ないに関わらず、

運動会へ行って、子供達がやっている、

一つ、一つの競技に対して、

俺もやってみたいなあ~と

いった形の興味をひかれるようになった。

これは、それ以前には全くなかったもの。。

勿論、俺が、約5年間、

自分なりに理解する神に対して、

第3ステップで約束した通り、

1日も欠かさず、毎日のステップを

やり続けてきた積み重ねがあって、

そう気が付かされ、

そう感じさせて貰っているのだということも、

今は、凄くよくわかる。

正直、最初の頃は、

子供の運動会を見に行くとか、

一緒に参加するなんてこと、

面倒臭くて、ウザくて、凄く嫌だった。

だが、神の意志を優先して、やり続け、

10年以上の、少し時間はかかったが、

神の意志には、裏切られなかったと、

確信している。

今日の今日を新たにに、

【他人ではなく、私をどうにかする

~誰かに傷付けられ、心を痛めたとしても、

やはり私たちが間違っている。】

と、書いてあった。

何年か前に、ステップ4で

恨みのリストを書いた時、

人間的に考えたら、

AAにつながっていたし、

酒は飲んでいなかったから、

絶対に俺には、非がないと、

確信できるようなトピックが

いくつかあった。

だが、ステップ5を経験者を通して

神と共にやった時、経験者の口から、

「ステップを正しくやらずにして、

いまだに、そんなことを

恨み続けているクルーに、

正当性など、かけらもないんだよ!」

と、一蹴された。

確かに、恨み続け、

その恨みを頭で忘れ、

心で思い出したら、

更に増幅されるといったことを

繰り返していたように思う。

いくら、今、ステップに

生きているからといっても、

瞬間的に恨むこともあれば、

生きた間接的な埋め合わせの

モチベーションとして、

残されている恨みもある。

だが、ステップに生きる以前のような、

恨みを渇望現象のように、

増幅させていくといったことは、

無くなった。

そんな人生の流れに、

自身を差し出していて、

ステップ4の恨みの祈りの

スタンス以前に、

人は変えられない、

自分自身を変えていくことや、

人からやられた嫌なことは、

決して、人にはしないといった

言葉の意味がよくわかるようになった。

感謝だ!

神の意思に背いても、長い時間を経て、神の意思に引き戻される

グッド★スタンダード日曜日★モーニングッ~!

駄洒落ミックスの一句一撃、

くらってチョンマゲッ~!

【目の前で・箱につまずき・母転ぶ】 ウッ。。余韻。。

ナンチャッテェ~!

只今午前9時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

いや~、昨日のステップ10報告でも書いたが、

チョイと、歯医者の治療にとらわれてしまった。

週に一度のペースで、約1ヶ月近く、

歯医者に通っていたのだが、

今までなら、2回くらい通えば、

治って、終わりになっていたのが、

今回は、まだ、しばらく治療がかかると、

歯医者側から言われ、困惑してしまった。

よくよく、ステップ4方式で書き出してみたら、

毎回、毎回、

治療の際に、チクリチクリと痛いのが怖く、

それが原因して、

恐れが持ち上がっていたことがわかった。

結局、速攻、

ステップ10の流れに従って行動し、

埋め合わせの部分で、

小さな痛みが原因して、

神の意志に背き、

治療を放棄したところで、

遅かれ早かれ、

大きな痛みに変わって、

最終的には、また、神の意志に

引き戻されることを察知して、

治療を続け、神の意志に従う決心をした。

そして、その後、帰宅し、

食器を洗ったり、

少し汚れ気味だった

洗面所を念入りに掃除し、

息子に頼まれ、

息子の買い物に付き合い、

夜は、仲間と一緒に

ステップワークをして、

今、昨日程のとらわれは、

完全に取り除いて貰えた。

少なくとも、痛いのは嫌だけど、

必要なことだから、

行こうというモチベーションは、

確かに、ここにある。

今日の今日を新たにに、

【一人の人間が同じようなことに遭遇しても、

違った反応をする場合があることを教えられた。

だから問題なのは、

出来事そのものではなく、

その人の精神状態なのだ、と。

感情というのは、

外側の環境からよりも、

内面から生まれてくる。

自分の精神状態が積極的だと、

私も積極的に反応する。】

と、書いてあったが、

昨日、恐れが持ち上がった段階で、

すぐに、しかるべきステップの実践を

やらなかったとしたら、確実に俺は、

歯医者の治療を放棄していただろう。

そして、

昨日のステップ10の実践を通して、

こっそり、神の意志に背いて、

たとえ、数十年かかったとしても、

結局は、大きな痛手が手伝って、

神の意志に引き戻される

ということが見えたのは、

大きな、大きな、収穫だった。

ステップの実践に関して言えば、

たとえ単純なことの繰り返しであっても、

それを大事に継続していれば、

味わい深いものとなり、

人間業を超えた何かに、

自分も大事にされていると、

いつも感じられるようになる。

これは、能書きでも、理屈でもない、

やり続けてみなければ、

けっして、

わからせて貰えないことだ!

感謝だ!

正しいと信じていたことが、誤りだったと心底思えた

グッド★トップスピン土曜日★モーニングッ~!

地面で、常時、綿棒を拾いまッす~!

ナンチャッテェ~!

只今午前10時半、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、チョベリグな秋晴れッ~!

いや~、一昨日は、

ホームグループのミーティングに突入し、

お題目は、【欠点】だった。

欠点と飲酒との密接なつながりや、

欠点を自分で無くすのではなく、

神様に取り除いて貰うなど、

ビッグブックをただ読んで、

専門的に解析したところで、

全く理解に苦しむ、

それこそ、やりもしないで、

知った気になりたくなるような

フレーズは、沢山ある。。

ステップに生きる以前の俺は、

自分の欠点を、自分以外の何かに

取り除いて貰うなど、

何と無責任な、

わけのわからんことを

書いているだろうと、

正直、ビルに反発し、ビルは、頭が

おかしいんじゃないかと思っていた。

欠点なんていうものは、

自分で改めるべきことだと。。

それが俺の答えだった。。

だが、それも、

俺がアルコホーリクである以上、

酒を自分の力で

どうすることもできなかったことと同様、

俺一人の力では、

どうすることもできなかった。。

それは俺の答えでなく、

正しいステップに生きている人なら、

誰もが経験し、誰もが認める、

俺の現実的な結果だった。

ミーティングでも話したが、

経験者に手助けして貰いながら、

AAに書いてある通りの

ステップ5をやった時、

それまで、

俺が正しいと信じていた、

いくつかのことが、

誤りだったことを知った。

もっと、もっと、

神を身近に感じて、

突っ込んで言うならば、

それまで、

俺が正しいと信じていた、

いくつかのことが、

誤りだったと、心底思えた。

まさしく、

そこがゴッドタイミングで、

たとえ同じ指摘を受けたとしても、

そのタイミングでなければ、

絶対に、全知全能に、

心底、誤りだったとは思えない、

AAの12のステップでいう、

行動ありきの信仰の

基本的原点の瞬間となる。

何十年も

正しいと信じてやってきたことを、

ステップ5で、

誤りだと気付いたとしても、

ただ、それだけでは、

すぐに、また、

正しいと信じる方向へ戻され、

同じ失態を繰り返すことになる。

そうならない為に、

その後のステップ6~12の

行動のプログラムが

用意されてあるのだ。

ステップ4-5をやった直後の、

正しいと思っていたことが、

明らかに間違っていたと、

それまで傷付けてきた人達に対して、

申し訳ない思いのモチベーションで、

すぐに後のステップをやっていかなければ、

アッ~という間に、

誤っていたことが正しかったに戻され、

埋め合わせなんか、アホらしくなって、

やる気しねえ~になってしまうのだ。

そして、正しいわけだから、

人を傷付けている意識を全く持たずに、

人を傷付け続ける。

だから、

回復していないアルコホーリクは、

狂っているというのだろう。

俺が、毎日の、AAに書いてある通りの

わかりきったステップを

やらなくなったり、いい加減になれば、

必ず、罪のない人達を傷付ける。

それもわかりきっているし、

そうなることは、凄く胸が痛い。。

本当に、胸が痛い。。

俺の優しさや、愛なんてものは、

そんなもんでしかないかもしれないが、

それで自分の命が

守られていると確信している。

そこに正直になり、そこに正直になって、

ステップに生きていこうと思っている。

感謝だ!

変化には、痛みが、つきもの

グッド★ホットモード木曜日★モーニングッ~!

快速に乗って、デッカイ測定器を

買いに行きましたァァ~!

ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、

会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、

ちょうどいい感じの晴れッ~!

いや~、ここ一週間あたり、

毎日のステップを

キッチリとやっているのにも関わらず、

なんとなく、モヤモヤするなァ~と、

思いきや、

今朝のステップ11の黙想をしていて、

「あッ、季節の変わり目だからか。。

忘れてた。。無力というか、

しょうがねえなッ!」と、

湧き上がってきて、一件落着した。

まあ、何事も、

変化には、痛みはつきものだから、

開き直り、やるべきステップは、

キッチリやって、心していくかァ~!

先日の今日を新たにに、

【傷ついたり、混乱したとき、

自分のなかに原因を見つけなければならない。

~体のどこかに具合の悪いところがあれば

痛みが走るように、

苦しみとは、自分の感情に何か誤りがあることを

私に知らせてくれる友のようなものである。

12のステップを実践し、

ステップにふさわしい行動を取っていくとき、

痛みは静かに消えていく。】

と、書いてあったが、

今回のモヤモヤ、

原因は、季節の変わり目で、

とはいっても、

その季節の変わり目が

すぐに無くなってくれるわけではない。

だが、完全ではないにしても、

完全に近い落ち着きを取り戻すことができた。

それは単純に、

モヤモヤの正しい原因を、

しかるべきステップの実践を通して、

自分なりに理解する神様から

受け取ることができたから以外の

何ものでもない。

そして、もっと突っ込んでいえば、

変化には痛みがつきものだということを、

神様は、

俺に意図したかったのだなということも、

強く感じた。

そう言われてみれば、

心当たりのあることが、

いくつかある。。

感謝だ!

実は、ステップ1から始まっている

グッド★超~ゴールデンタイム水曜日★モーニングッ~!

久々に、旬の一句一撃、いきまッす~!

【寒いから・真夏の操作・無意味です】

ヒャッホ~、ナンチャッテェ~!

只今、午前7時半、会社内1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●&●●●は、ひんやりした曇りッ~!

いや~、今週の日曜日の午前中は、

ダブルヘッダーで、

ソーバー20年以上の仲間や、

ソーバー1年未満の仲間と、

各々、別々に、ステップワークをやった。

お題目は、ビルの物語の

ステップ1の部分と、

第5章のステップ3の部分で、

手渡す相手以前に、

俺自身の、

ナウなステップ1とステップ3を、

更に深めることができて良かった。

以前、スポットで、アメリカから、

俺のホームグループの

ミーティングにメッセージを

持ってきてくれた若い仲間が、

AAプログラムから離れると、

刑務所か、精神病院か、墓場の

いずれかに行ってしまうと、

言っていたが、本当に、その通りだと思う。

自分が助かる為に、

人の助けになるということは、

実は、ステップ1から始まっている。

たとえ酒を飲んでいなくとも、

アルコホーリクは、

キチンとAAプログラムをやっていないと、

刑務所か、精神病院か、墓場の

いずれかに行ってしまうような、

言動や行動をやり出す。

例えば、人間的で、病的な弱さが、

自分の中で持ち上がった段階で、

速攻、ステップ10を実践し、

神の手に委ねる形でケアできれば、

それ以上、傷口を広げずに済む。

だが、ステップの実践が皆無であったり、

人前にいる時だけとか、

気が向いた時にだけとかにしか

やっていなかったとしたら、

刑務所か、精神病院か、墓場のいずれかに

行ってしまうような言動や行動を繰り返し、

遅かれ早かれ、ゴッドストップがかかって、

本当に、

刑務所か、精神病院か、墓場のいずれかに

突っ込まれることになってしまうだろう。

アルコホーリクにとって、

酒を飲むことは問題の一つの

症候にすぎなかったということは、

ステップ1を認め続けていく上で、

重要なポイントだと強く感じる。

本当に、本当に、

刑務所か、精神病院か、墓場のいずれかに

行ってしまうと心底思っていたら、

AAの中に書いてある程度のことは、

やれるはずである。

もしかしたら、

刑務所か、精神病院か、墓場の

いずれかに行ってしまうと、

心底、感じることも、俺一人の力では、

どうすることもできないことかもしれない。

感謝だ!

神やハイヤーパワーは、経験に基づいて、メッセージすべし!

グッド★Superゴッドライン日曜日★モーニングッ~!

京都とか、大阪とかとかけて、

秋の夕闇ととく、その心は、

府税(風情)がありまッす~!

ナンチャッテェ~!

只今午前7時、近所の公園で、

1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、快曇りッ~!

いや~、昨日は、

息子の小学校の運動会に突入し、

親子競技で、大暴れしてきたぜェェ~!

俺が参加できた親子競技は、

一つしかなくて、

もっと、もっと、

いろんな競技に参加して、

全力で走りたいと

思ってしまった自分が悲しいぜェェ~!

『だったら、小学校から、

やり直したら、エ~ンちゃう?』

ドッヒャ~ン、

大阪★浪花のボッ~ス、

いくらスポンサーの

提案であったとしても、

それは、

神様のハンドルしていることなので、

スーパー四次元モードの無力でッすゥ~!

今回の運動会も、

前日から、息子と一緒に、

綿密に作戦を立てて、

本番で、お互い、それを確実に実行し、

なんとか、親子競技で、

自分達の納得できるような、

走りができて、なかなか、楽しめた。

たかだか、小学校の運動会の

競技ごときのことかもしれないが、

息子のクラスのチームの好成績という、

一つの目的に向かって、

息子と俺と、

同じ目線でマジになるということは、

凄く大切なことだと、

やってみて、そう思えた。

AAのステップ3の約束の部分に、

【世の中に貢献する為に

自分ができることのほうに、

段々と関心が向いていくようになったのだ。

心の平安を楽しみ、

人生にうまく向き合えることがわかり、

神が自分のそばにいつもいる事を

意識するようになるにつれて、

新しい力が次々に

自分に注がれるのを感じた。

今日の、明日の、

そして未来の恐れは消えていった。

私達は生まれ変わったのだ。】

と、書いてあるが、

まさに、そんなモードを、

目の前の日常生活で、

ライブに感じることができた。

よく、ステップがまだ、

1クールも終わっていない

スポンシーに対して、

日常生活の事実に基づかない、

神やハイヤーパワーを、

ミーティングで話すことを

禁止する提案をしている。

例えば、

昨日の運動会の昼食の時、

外で敷物をしいて、

家族や、周りの人達と近い距離で、

おにぎりを食べるのと、

全く同じシチュエーションで、

独りぼっちで

おにぎりを食べるのとでは、

各々、同じおにぎりであっても、

全く、美味しさが違う。

それもまた、神様が、

人をそのように造られたのだと、

解釈できる。

現実と何の関係もなく、

ただ神様とか、

ハイヤーパワーとかと、

ミーティングで言われても、

ニューカマーを混乱させ、

怒らせ、下手したら暴動の元となる。

そういうことが原因して、

グループが増えていっても、

それは、発展とは言えないのだ!

しかるべき経験もなく、

ただ、

神様、ハイヤーパワーと、

言っている本人は、

自己満足で、

気持ちいいかもしれないが、

それを聞かさせるほうは、

たまったもんじゃない。

俺も、ステップに生きる以前は、

そんなだった。。

今は、それを反省して、

神やハイヤーパワーを、

経験に基づいて、

メッセージするように

心掛けている。

感謝だ!

刑務所か、精神病院か、墓場か、回復か。。

グッド★エンドレスステッピイング土曜日★モーニングッ~!

机をキツくえぐりましたァァ~!ナンチャッテェ~!

只今午前7時半、近所の公園で、1時間プチマラソン中ッ~!

本日の●●●は、晴れッ~!

今日は、息子の小学校の運動会で、

親子競技で、大暴れしてくるぜェェ~!

戦いは、もう始まっている。。

『だから、闘ったらアカンて、

AA第7章のファイナルに書いてあるやろッ!』

ウオッ~~、大阪浪花のボッ~ス、

承知致しましたァァ~!

誤った時には、

直ちに認めて、改善致しまッす~!

いや~、一昨日は、

ホームグループのミーティングに突入し、

テーマは、〔今日一日を大切に!〕だった。

酒を飲んでいた時など、ステップに生きる以前は、

いつも、後悔することが多かったように思う。

もっと、ステップ的に突っ込めば、

自己評価や自尊心が、

必要以上に傷付けられている状態で、

いつも、このまんまじゃ駄目だ、駄目だと、

自分で勝手に、渇望モードにハマって、

これでもか、これでもかと、

自分を追い込んでいた。

そして、それと全く同じようなことを、

自分の周りにいる、

自分が支配できる対象にぶつけて、

自分を安定させようとしていた。

だが、今、

定期的にAAミーティングに出ることで、

俺の知らないところで神の力が働き、

今日一日、お酒を飲まない力を

自分なりに理解する神に求め、

今日一日、AAに書いてある、

わかりきったステップを

適材適所に使いわけて実践し、

今日一日、お酒を飲まなかったことや、

酒の代わりにハマらなかったことを

神に感謝するといったことが、

当たり前のように、実現できている。

AAの中にも書いてあるが、

知らず知らずのうちに、

どんなに今、辛くとも、

過去と比べたら、

今のほうが絶対にいいと思え、

後悔することがなくなった。

勝手にそうなった。

回復していくことも、病んでいくことも、

絶対にアルコホーリクを差別せずに、

火のないところには、煙は立たないのだ!

答えはシンプルで、

ただ、やるか、やらないかだけ。。

小さな祈りを唱えるだけだったら、

酔っ払っていても、ラリっていても、

できるのだ!

先日の今日を新たにに、

【「あなたは私たちと同類だと思いますか?」】

と、書いてあったが、

アルコホーリクであれば、誰でも、

刑務所か、精神病院か、

墓場か、回復かのどれかに、

今、確実に向かっている。

いったい自分が、

どこへ向かっているかは、

今日一日の行動だけで、

今日一日の行動だけで、

簡単に判断できるのだ!

わからなかったら、

キチンとステップに

生きているAAメンバーに、

聞いてみたらいいと思う。

感謝だ!

FC2Ad

相続 会社設立