アルコール依存症からの回復は、不思議な力を信じた時から始まった~Soul to Soul~

人の輪の中で孤独を感じていたのは、俺だけではなかった~Solution comes true,But crazy Twelve Steps~
あるAAの経験を綴った書籍に、【私の最初のスポンサーが教えてくれたところによると、祈りと黙想で大事な事は二つあるそうだ。まず、始めること。そして、続けること。・・・・今日、私は風の向きを変える事はできなくても、自分の帆を合わせる事はできるのだと知っている。単なる迷信と霊性との違いも知っている。恵みにあふれたきちんとした生き方もあり、また間違った生き方も多くあるのだということも知っている。】と、書いてあった。今年、BBのステップをやって、毎日、10-11ステップを継続している中で、祈りの部分のウェイトがかなりを占めるようになった。私の意志ではなく、あなたの意志が行われますように。。私以外の全ての人達に幸せがありますように。。私以外の全ての人達に対して、適材適所で私があなたの道具となれますように。。の三つは、ステップ10-11の祈り以外に付け加えている。そんな事をまるで誰かといつも一緒にいるみたいな感覚で、言葉のキャッチボールをしている。この瞬間に、俺は一人でないんだという感覚と、俺一人の考えと俺一人の力でやれる事なんか、何一つもない事を最も強く感じるし、むしろその事の方が、インテリジェンスであり、心強く思える。何故、そう思えるのかは、わからんが、ただ一つ言える事は、祈りを続けているからだとしか思えない。感謝だ!
あるAAの経験を綴った書籍に、【ビッグブックには、埋め合わせが半分も済まないうちに、「新しい」自由を知るようになると、はっきり書かれている。それは、他の人の事はおかまいなしに、自分さえ楽しければよいという昔の自由ではなく、自分の命に約束されているものを満たしていく新しい自由である。自由とはなんと喜びがあることだろう!】と、書いてあった。AAにつながり、ミーティングに出続け、仲間の中で正直になる事で、酒からは、酒の方から勝手に離れていく形で解放された。だが、AAや家庭や職場の中で、そこで関わる人達の言葉や、態度に左右される事から完全に解放されるには、去年、ビッグブックのやり方でステップをやり直し、その中で、8-9のステップを完全にやり遂げるまでは、できなかったように思う。それ以前は、俺の言葉や行動が、人にどう思われるかを、心のどこかで気にして、言ったり、やったりする前に、頭の中をこねくり回し、勝手にシュミレーションしていた。相手に対しても、全く同じ反応をしていた。だから、話し合いといっても、自分の思い通りの正しさか、相手の思う通りの正しさかのバトルだったように思う。よく喧嘩になったわけだ。。自分の正しさや完全性に支配されているから、たまに、相手が勘違いしたりなんかすると、常にそんな事していると勝手に思い込み、故意に嘘をつかれたと、真剣に思ったからな。。狂っていた。。本当は、そうやって、自分の不完全さを封じ込めてきただけだった。。そんな自分の不完全さを隠す為の不正直さが、子供の頃の親父との関わりで、自尊心や、プライドをズタズタにされて、出来上がったものだとは、8-9のステップで、20年振りに親父と再開し、申し訳なかったという僅かな思いで謝罪しなければ、生涯自分の事として、受け入れられなかっただろう。。よく埋め合わせは、早い時期にやると危険とか、時間をかけてやるという事を聞いて、それはそれで尊重するが、俺の神様的には、迷惑掛けた人達に許して貰う事が埋め合わせの目的ではないと思っている。そりゃ、それを目的に埋め合わせやったら、殆どの人達は、腹の底じゃあ許してはないし、アル中は、それを過敏に感じるから、ショックで飲んじゃうのは、よくわかる。俺なんか殴ってきた奴もいたからね!(笑)要は、自分がどこでつまずき、おかしくなったかを知り、それを正していく為に埋め合わせが必要なんだと思う。だから、自分が酷い事されて、千パーセント相手が悪いと思っても、5のステップを経験者に対してやって、その経験者が埋め合わせした方がいいと提案されれば、やるしかない。。やらないと、その相手が千パーセント悪いという格好の正当性をいろんな事に当てはめて、自分が悪事を働いてきた事に気付けない。そこを完全にリセットし、神様の意志のもと、フェアーな生き方ができるようになり、人に左右されない自分になれて、解放された。この霊的な状態を維持していく為にも、毎日のステップ10-11は、欠かせない。感謝だ!